Hippodonta costulata fo. curta (Skvortzov) nom.nud.


Hippodonta costulata fo. curta (Skvortzov) nom.nud.
基礎異名Navicula costulata fo. curta Skvortzov, Philipp. J. Sci. 61: 272. pl. 5, f. 13. 1936.
その他異名Navicula costulata var. nipponica Skvortzov 1936, Navicula costulata var. tenuirostris Skvortzov 1936.
和名 
類似種との区別点Hippodonta costulata 基本種よりも殻長が同程度であれば幅広で,殻端の突出がより強い。しかし本種の外形は同一個体群内でもばらつきが大きいので,地域間での種内変異の可能性が高い。Hippodonta rostrata と酷似するが,小型のものでは殻端の突出が顕著でない。
報告があった場所タイプ産地は琵琶湖 (Skvortzow, 1936)。分類学的混乱により分布は未詳。
生態情報琵琶湖では礫上,砂上,堆積物上などから見出されるが,どの場合にもあまり多くない。



       10μm
A: 琵琶湖(滋賀県)