Hannaea arcus var. hattoriana (F.Meister) Ohtsuka


Hannaea arcus var. hattoriana (F.Meister) Ohtsuka, Diatom 18: 35. 2002.
基礎異名Ceratoneis arcus var. hattoriana F.Meister, Arch. Hydrobiol. Planktonk. 9: 226. pl. 8, f. 1-3. 1914.
その他異名 
和名 
類似種との区別点多くの個体で殻が明らかに折れ曲がっている点で Hannaea arcus var. recta と区別される。一方,承名変種 Hannaea arcus に比べると殻の折れ曲がり方が弱い。
報告があった場所日本から Hannaea arcus var. recta として報告されているものの多くは,本変種に属すると考えられる;本州以南に広く分布するようである。北海道には承名変種 Hannaea arcus が分布する (小林, 1995)。
生態情報河川上流〜中流の,電気伝導度が低い清水域の礫上に多く見られる。



       10μm
A: 由良川(京都府)
       10μm
B: 斐伊川(島根県)