Gomphonema pumilum (Grunow) E.Reichardt et Lange-Bert.


Gomphonema pumilum (Grunow) E.Reichardt et Lange-Bert., Nova Hedwigia 53: 528. 1991.
基礎異名 Gomphonema intricatum var. pumila Grunow in Van Heurck, Types Syn. Diatom. Belg. pl. 24, f. 35, 36. 1880.
その他異名  
和名 ホソミクサビケイソウ(上山・小林, 1986)
類似種との区別点 Gomphonema kobayasii に比べて殻形が菱形に近く,軸域が広い。
報告があった場所 北山川源流(奈良県)。Reichardt (1997) が述べているように,タイプ標本の典型的な特徴を持つ個体群(承名変種)は稀である。
生態情報 生態未詳。



       10μm
A: 北山川源流(奈良県)