Gomphonema brasiliense ssp. pacificum Gerd Moser, Lange-Bert. et Metzeltin


Gomphonema brasiliense ssp. pacificum Gerd Moser, Lange-Bert. et Metzeltin, Biblioth. Diatomol. 38: 185. pl. 50, f. 1-6. 1998.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Gomphonema inaequilongum に似るが,中心域に遊離点がない。
報告があった場所タイプ産地はニューカレドニア。他にウルグアイからも報告されている (Metzeltin et al., 2005)。筆者は琵琶湖およびその周辺の農業排水路から本種を見出している。
生態情報ニューカレドニアでは富栄養と思われる水域に産した (Moser et al., 1998)。琵琶湖周辺では中腐水性の農業排水路に多産した。



       10μm
A: 5号幹線排水路 (滋賀県,湖南地域)

走査電子顕微鏡図版