Gomphonema italicum Kütz.


Gomphonema italicum Kütz., Bacill. 85. pl. 30, f. 75. 1844.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点類似種が多い(例えば Gomphonema truncatum)が,頭側殻端と殻央の間のくびれが顕著でなく,条線が全て1列の胞紋からなることが同定のポイントになる。
報告があった場所汎世界種 (Reichardt, 2001)。日本では斐伊川 (Ohtsuka, 2002),琵琶湖。実際には日本にも広く分布すると思われる。
生態情報中栄養〜富栄養水域に分布 (Reichardt, 2001)。好清水性,好アルカリ性 (渡辺ら, 2005;ただし G. truncatumG. pala との複合種群として)。



       10μm
A: 琵琶湖(滋賀県)