Gomphonema inaequilongum (H.Kobayasi) H.Kobayasi


Gomphonema inaequilongum (H.Kobayasi) H.Kobayasi, Diatom 18: 89. 2002.
基礎異名 Gomphonema clevei var. inaequilongum H.Kobayasi, J. Jap. Bot. 40: 350. f. 12a, b. 1965.
その他異名  
和名  
類似種との区別点 Gomphonema brasiliense ssp. pacificum に似るが,中心域に遊離点がある。Gomphoneis rhombica よりも条線が密で,殻幅がやや狭い。また電子顕微鏡で観察すると,条線が1列の点紋からなる。
報告があった場所 日本には広く分布しているが,しばしば Gomphonema clevei と混同されてきた。世界的な分布は不明。
生態情報 生態未詳。有機汚濁が進んでいない河川に多いようである。



       10μm
A: 紀ノ川支流高見川(奈良県)



       10μm
B: 斐伊川(島根県)

走査電子顕微鏡図版