Frustulia amphipleuroides (Grunow) Cleve-Euler


Frustulia amphipleuroides (Grunow) Cleve-Euler, Commetat. Biol. 4(14): 87. 1934.
基礎異名Navicula rhomboides var. amphipleuroides Grunow in Cleve et Grunow, Kongl. Svenska Vetenskapsakad. Handl. 17(2): 47. f. 59. 1880.
その他異名Frustulia rhomboides var. amphipleuroides (Grunow) De Toni 1891.
和名 
類似種との区別点Frustulia saxonica よりも条線が粗く,縦溝の中央末端どうしの距離が大きい。
報告があった場所米合衆国 (Patrick and Reimer, 1966),欧州,アンデス山地,豪州,ニュージーランドなどから報告されており,おそらく汎世界種 (Lange-Bertalot, 2001)。日本からの報告も少なくない。
生態情報好清水性(Asai and Watanabe, 1995)。弱酸性の,電解質の少ない水域に出現する (Patrick and Reimer, 1966)。β-中腐水性の河川でもよく生育することがある (Lange-Bertalot, 2001)。



       20μm
A: 斐伊川(島根県)