Eunotia subarcuatoides Alles, Nörpel et Lange-Bert.


Eunotia subarcuatoides Alles, Nörpel et Lange-Bert., Nova Hedwigia 53: 188. pl. 4, f. 1-36. 1991.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Eunotia curvata および Eunotia naegelii とは,縦溝の殻面への折れ曲がりが小さいことで区別できる。
報告があった場所おそらく汎世界種;欧州とチリ南部から確実な記録がある (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。日本での分布は未詳。
生態情報pH 4 から 7 程度の範囲に多い;電気伝導度 60 μS/cm 付近に最適点をもつ (Alles et al, 1991)。高酸素要求性 (Van Dam et al., 1984)。



       10μm
A: 小女郎が池(滋賀県)