Eunotia serra Ehrenb.


Eunotia serra Ehrenb., Abh. Königl. Akad. Wiss. Berlin 1836-1837: 45. 1837.
基礎異名 
その他異名Eunotia robusta Ralfs in A.Pritch. 1861, Himanthidium polyodon (Ehrenb.) Brun 1880, Eunotia scarda Åke Berg 1939.
和名 
類似種との区別点 
報告があった場所おそらく汎世界種で,北方の山岳地域に多い (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。日本からの報告も多い。
生態情報好酸性 (渡辺ら, 2005)。高酸素要求性 (Van Dam et al., 1984)。貧栄養あるいは腐植栄養の,電解質が少ない水域に多い (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。高層湿原,湿地,腐植性湖沼から知られる (田中, 2002)。



       20μm
A: 小女郎が池(滋賀県)

走査電子顕微鏡図版