Eunotia nipponica Skvortzov


Eunotia nipponica Skvortzov, J. Jap. Bot. 14(3): 209. pl. 1, f. 6, 47. 1938.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点本種は Eunotia lapponica に酷似するが,殻縁に棘が並ぶことで区別できる。
報告があった場所タイプ産地は鎌ヶ池(長野県);日本に広く分布する (Kobayasi et al., 1980)。世界的な分布は未詳。
生態情報弱酸性のミズゴケ湿原および寒冷地の沼に分布する (Kobayasi et al., 1980)。



       10μm
A: 小女郎が池(滋賀県)