Eunotia incisa W.Greg.


Eunotia incisa W.Greg., Quart. J. Miscroscop. Sci. 2: 96. pl. 4, f. 4. 1854.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点 
報告があった場所おそらく汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。日本からの報告も多い。
生態情報電解質が少なく酸性の貧栄養水域に多いが,他の多くの Eunotia に比べてカルシウムイオンが多い水域にも出現する (Patrick and Reimer, 1966; Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。高酸素要求性 (Van Dam et al., 1984)。



       10μm
A: 琵琶湖(滋賀県)