Eunotia exigua (Bréb. ex Kütz.) Rabenh.


Eunotia exigua (Bréb. ex Kütz.) Rabenh., Fl. Eur. Alg., Sect I 73. 1864.
基礎異名Himantidium exiguum Bréb. ex Kütz., Spec. Alg. 8. 1849.
その他異名 
和名 
類似種との区別点 
報告があった場所おそらく汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。日本からの報告も多い。
生態情報pH 7 以下の水域に出現する真酸性種 (渡辺ら, 2005)。コケ上に多い;湿地,泉,小河川 (Patrick and Reimer, 1991a),一時水域,石炭採掘のため pH 2〜3 の硫酸酸性になった水域 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991b) など,様々な場所に生息する。酸性・貧栄養で電解質の少ない,しかし窒素とリンが豊富な水域に特に多い (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。



       10μm
A: 桂川支流鴨川(京都府)