Eunotia curvata (Kütz.) Lagerst.


Eunotia curvata (Kütz.) Lagerst., Ofvers. Forh. Kongl. Svenska Vetensk.-Akad. 41(2): 61. 1884.
基礎異名Exilaria curvata Kütz., Algarum German. No. 112. 1844.
その他異名Synedra lunaris Ehrenb. 1832, Eunotia lunaris (Ehrenb.) Grunow in Van Heurck 1881, nec Br&$233;b. ex Rabenh. 1864.
和名 
類似種との区別点縦溝末端が殻面へ折れ曲がって長く伸びる点で,Eunotia subarcuatoides と区別できる。Eunotia naegelii より殻幅が広い。本種は Eunotia bilunaris の異名同種かもしれないが,その判定のためには E. bilunaris のタイプ標本を検討する必要がある (河島・小林, 1996)。
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1986)。日本からの報告も多い。
生態情報真酸性種 (渡辺ら, 2005) だが,中性の湖沼までみられる (小林, 1995)。主に植物表生 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。ミネラルの少ない水域に多い;湿地や浅い池に多いが河川にも出現する (Patrick and Reimer, 1966)。



       10μm
A: 北ノ庄沢(滋賀県)