Eucocconeis qvadratarea (Østrup)


Eucocconeis qvadratarea (Østrup) nom. nud.
基礎異名Cocconeis qvadratarea Østrup, Danske Diatom. 124. f. 77. 1910.
その他異名Eucocconeis lapponica Hust. 1924, Achnanthes lapponica (Hust.) Hust. 1933, Achnanthes diluviana Hust. 1954, Achnanthes quadratarea (Østrup) Lange-Bert. in Lange-Bert. et Krammer 1989.
和名 
類似種との区別点Eucocconeis laevis とは,無縦溝殻の中心域が片側で殻縁まで開いている点が異なる。しかし他にはほとんど違いがないので,本種を Eucocconeis laevis の変種とする説もある。
報告があった場所木曽川 (愛知県:福島ら, 1973),揖斐川 (渡辺ら, 2005),斐伊川(島根県),由良川(京都府),琵琶湖(滋賀県)。世界的な分布は未詳。
生態情報好清水性 (Asai and Watanabe, 1995)。山岳性 (福島ら, 1973)。電解質が少ない,中性〜弱酸性水域 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。



       10μm
A: 斐伊川(島根県)