Cymbella tumida (Bréb.) Van Heurck


Cymbella tumida (Bréb.) Van Heurck, Types Syn. Diatom. Belg. pl. 2, f. 10. 1880.
基礎異名Cocconema tumidum Bréb. in Kütz., Spec. Alg. 60. 1849.
その他異名Cymbella stomatophora Grunow 1875.
和名 
類似種との区別点Cymbella rheophila に似るが,より大型で中心域が広く,遊離点は1つである(大型の殻では複数のこともある)。
報告があった場所温帯から熱帯にかけて広く分布しており,特に熱帯に多い (Krammer, 2002)。日本からの報告も多い。
生態情報好清水性・好アルカリ性 (渡辺ら, 2005)。高酸素要求性 (Van Dam et al., 1984)。湖沼沿岸や河川に分布し,熱帯では湧泉に多い (Krammer, 2002)。



       10μm
A: 紀ノ川支流高見川(奈良県)
       10μm
B: 斐伊川(島根県)

走査電子顕微鏡図版