Cymbella neoleptoceros Krammer


Cymbella neoleptoceros Krammer, Diatoms Europe 3: 134. pl. 156, f. 1-8. pl. 157, f. 1-19. 2003.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Cymbella japonica に似るが,遊離点をもたず,より背腹性が強い。 本種はこれまで Cymbella leptoceros として扱われてきたが,原記載が別種を描いたものである可能性があるため,新種として再記載された。
報告があった場所温帯に広く分布している (Krammer, 2002)。日本からの報告も多い。
生態情報好清水性・pH に関しては中性種 (渡辺ら, 1995)。高酸素要求性 (Van Dam et al., 1984)。植物表生あるいは礫表生;バルカン半島のカルスト地方では,硬水の河川や湖沼に多い (Krammer, 2002)。



       10μm
A: 野洲川支流杣川(滋賀県)
       10μm
B: 琵琶湖(滋賀県)

走査電子顕微鏡図版