Ctenophora pulchella (Kütz.) D.M.Williams et Round


Ctenophora pulchella (Kütz.) D.M.Williams et Round, Diatom Res. 1: 330. f. 53-61. 1986.
基礎異名Synedra pulchella Kütz., Bacill. 68. pl. 29, f. 87. 1844.
その他異名Exilaria pulchella Ralfs ex Kütz. 1844, Synedra familiaris Kütz. 1844, Fragilaria pulchella (Kütz.) Lange-Bert. 1980.
和名 
類似種との区別点 
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991b)。日本からの報告も多い。
生態情報付着藻としても,プランクトンとしても出現する。分布の中心は汽水域 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。淡水域では好清水性・好アルカリ性 (渡辺ら, 2005)。ただし,淡水産のものと汽水産のものが同種であるかについて今後の検討を要する。



       10μm
A: 近江舞子沼(滋賀県)