Cocconeis placentula Ehrenb.


Cocconeis placentula Ehrenb., Infusionsthierchen 194. 1838.
基礎異名 
その他異名 
和名ナミマイゴフダケイソウ(上山・小林, 1986)
類似種との区別点Cocconeis lineata に似るが,無縦溝殻の条線が同サイズならばより細かく,また条線を構成する胞紋が切頂軸方向により短いため,1つの条線を構成する胞紋数はより多くなる。
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991b)。日本からの報告も多い。
生態情報有機汚濁に関しては広適応性,pHに関しては好アルカリ性 (渡辺ら, 2005)。渡辺ら (2005) は河川を中心とする広範な調査結果に基づいて,var. euglypta などよりも出現頻度,相対頻度ともに小さいとしている。おそらく主な生息場所は,止水域の植物表面である。



       10μm
A: 琵琶湖(滋賀県)