Cavinula pseudoscutiformis (Hust.) D.G.Mann et Stickle


Cavinula pseudoscutiformis (Hust.) D.G.Mann et Stickle in Round, R.M.Crawford et D.G.Mann, The Diatoms 665. 1990.
基礎異名Navicula pseudoscutiformis Hust., Süsswasserflora 10: 291. 1930.
その他異名 
和名 
類似種との区別点Cavinula scutelloides よりも条線および胞紋が密に配列する。
報告があった場所おそらく汎世界種で,北米,北欧,東欧ではよく出現する (Krammer and Lange-Bertalot, 1986)。日本からの報告も少なくない。
生態情報貧腐水性〜β中腐水性水域の底泥上に多く,電解質濃度にはあまり左右されらしい (Krammer and Lange-Bertalot, 1986)。



       10μm
A: 琵琶湖(滋賀県)