Caloneis minuta (Grunow) Ohtsuka et Fujita


Caloneis minuta (Grunow) Ohtsuka et Fujita, Nova Hedwigia 73: 101. 2001.
基礎異名Navicula ventricosa var. minuta Grunow in Van Heurck, Types Syn. Diatom. Belg. pl. 12, f. 26.. 1880.
その他異名Caloneis silicula var. minuta (Grunow) Cleve 1894, Caloneis ventricosa var. minuta (Grunow) Mills 1934.
和名 
類似種との区別点Caloneis bacillum に似るが,殻端が楔状で殻縁が波打つ。Caloneis truncatula にも似るが,殻幅が狭く,殻端はより鋭角で,腹帯の幅が広い。
報告があった場所ベルギー,米合衆国南西部 (Patrick and Reimer, 1966),南米,南極海 Kerguelen 島 (Kellogg and Kellogg, 2002) などから報告されている。おそらく汎世界種。日本でも檜原湖 (福島県;Shiono and Jordan, 1995),東京都の池 (Kobayasi, 1968),大阪府の水田 (Ohtsuka and Fujita, 2001),嘉瀬川(佐賀県;山川, 1994) などから報告されている。
生態情報沼沢 (Kobayasi, 1968), 水田 (Ohtsuka and Fujita, 2001), 河床が泥質の河川などに分布する。堆積物表生の種と考えられる。



       10μm
A: 京大高槻農場の水田(大阪府)