Amphora fontinalis Hust.


Amphora fontinalis Hust., Arch. Hydrobiol. Suppl. 15: 414. pl. 24, f. 4, 5. 1938.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Amphora montana と似るが,より大型で条線も粗い。Amphora normanii よりは条線が細かく,条線を構成する胞紋は逆に粗い。
報告があった場所タイプ産地はジャワ島。沖縄・桃源農園の湧泉 (中井, 1987;Amphora bullatoides として),斐伊川(島根県;Ohtsuka, 2002),湯泉地温泉(奈良),湯布院宇鳥越川 (大分・渡辺ら, 2005)。西日本の湧泉や河川には少なくないようだが,数はあまり多くない。
生態情報報告が少ないため生態未詳。好アルカリ性種である可能性が大きい (渡辺ら, 2005)。



       10μm
A: 琵琶湖(滋賀県)
       10μm
B: 斐伊川(島根県)