いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
江戸時代 高島郡 高島郡に三矢千軒という村があって、塩を船に乗せて若狭から大津まで運んでいた。元締の村だったらしい。江戸時代に琵琶湖周辺で大地震があり、その村は陥没したらしいという話を聞いたことがある。 50才代の男性
大正10年前後 高島町
大溝
この丸子船を見て、子供の頃の船入れを思い出した。当時、安曇奧から運んできた米俵や炭俵を主に積んでいたと思う。船には家族ぐるみで生活し、船上に幼児がはいはいしていた。船入れの一部には、ゑびす荘、松倉屋などの料亭があり賑わっていた。街中は道の中央を川が流れ、洗い物などをし、モロコ、ジャコなどをとって遊んだ。 83才
昭和9〜10年頃 高島町 7〜8才の頃、手を骨折して病院へ行くのに、このような船に乗り、長浜経由で大津に行った。 71才
戦前 高島町 当時大阪に住んでおり、親に連れられて高島町のおじいさんの所へ、太湖汽船に乗って行った。どこから乗ったかは覚えていないが、高島には港があってそこで下船した。江若鉄道が出来るまで利用していた様に思う。 66才
昭和10年 高島町か
安曇川町
の沖
エリ(カキ)船を船に乗って見に行った。魚を天ぷらと刺身にしてもらって食べた。エリで取れた魚をその場で食べられる観光船のようなもの。 74才
昭和22〜23年
頃まで
高島町 子供の頃、港に何隻も丸子船があり、米、炭俵、割木などが浜辺に積んであり、積み荷の上げ下ろしを見ていた。夕方には船の中で、コンロで食事を作り一緒に食べさせてもらった覚えがある。 62才男性
昭和30〜35年頃 高島町
永田
夏、近所の子供同士5〜10人くらいで永田浜へ水泳に行った時に、漁師の和船に乗って遊んだ。釣りのできる頃は、係留されている船から糸を出した。コイ、フナ、ナマズなどが釣れた。 57才