いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
大正後期〜
昭和4〜5年頃
まで
新旭町
太田
入札を受けた米俵を馬や田舟に乗せて港湾に集め、丸子船に載せて大津の集荷場に運んでいた。 75才
昭和10年頃まで 新旭町
針江
曾おじいさんの代から丸子船で運送業を してきた。徳川のお殿様に米を運んだりもした。先々代、先代は米、塩、木炭、鰊(肥料用)などを 浜大津へ運び、それを売ってかなり手広く商売をしていた。琵琶湖で田舟に乗っていて、霧の中から 現れた丸子船に会うと、その大きさにびっくりしたものだった。高島にあった丸子船は展示のもの よりもかなり大きなものだった。展示の丸子では物足りない。 80才代の男性と
60才代の女性
昭和30年代 新旭町 家が瓦屋で、大浦から柴が、近江八幡から土が丸子船で運ばれて来た。船は展示のものよりももっと大きかった様に思う。焼玉エンジンが付いていた。86才になる兄と一緒に瓦業を営んでいた。 60才代の男性