いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
大正15年頃〜
昭和初め
志賀町 子供の頃は、よく琵琶湖でシジミを採った。当時は「イカキ」と呼んでいたが、ザルで鮎を捕ったりもした。釣りをする人もいたが、ザルですくっても十分に沢山の鮎が捕れた。鮎は天ぷらにすることが多かったが、自豆(大豆)と辛く炊いたりもした。メダカも捕って遊んでいた。湖で洗濯や洗い物などもでき、水がすごくきれいだった。 71才
昭和5年 志賀町
木戸
太湖汽船の渡しを親戚の者がしていた。海津から大津までの間にいくつもの港があり、小さい港に寄港するのは大変だった。そこで木戸の島(船が出入りするところ)では、太湖汽船が沖を通りかかる時、お客様の有無を船に知らせるため、竿竹に赤い布を付けたものを振りかざしてサインを送っていた。待合所に立ててあった看板を今でも大切に持っている。
昭和5〜10年頃
まで
志賀町 瓦土、石類などを運んでいた。その頃はまだ帆を張っていた。 72才
昭和初期 志賀町
北小松
〜高島町
小渡しという5〜6人乗りの小さな船で、琵琶湖汽船の乗り場まで行った。昭和7〜8年に江若鉄道が出来るまでは、野菜、魚、鍋、ワクなど道具類の他、買い物は全て船を使う以外歩いて行くしかなかった。大津方面へ行く船は「上り」、近江今津方面へ行く船は「下り」。小渡しは各字ごとにあり、近江舞子の辺りは水深が深いので、小渡しで渡って行かなくても、直接船着場から乗ることができた。 73才
昭和12年頃〜 志賀町
和迩
昭和12年頃、父親と一緒に丸子船に乗っていた頃はまだ帆船で、前にも小さな帆があった。志賀町一帯で取れた米、割木などを浜大津港まで運び、製材で出来た木くずを湖東(草津、守山、近江八幡)へ運んでいた。また、牛を福井の方へ売るために塩津港へ運んだ。昭和18〜19年頃には、焼玉エンジンになり楽になった。 76才
昭和15年頃 志賀町
和迩
当時、和迩の村に3〜5隻の丸子船があり、サイズは展示のものと同じくらい。すでに焼玉エンジンが付いており、帆はなかった。普段、村から浜大津までの往きは米や柴を積み、帰りには塩を積んでいた。時には大勢の人が乗って瀬田川を下り、石山寺詣でに行った。当時、他に太湖汽船があり、それは蒸気で走っていた。 70才代
戦前〜
戦後すぐの頃
志賀町
和迩
の沖
戦後すぐの頃まで、帆かけの丸子船をよく見た。大きさは展示の船よりは小さく、三十石くらいが多かった。焼玉エンジンが付きだすと、船頭さんは1人で十分足りるようになったが、沖へ出てしまうとエンジンを止めて帆を張っていた。 80才くらいの男性
戦時中 志賀町
近江舞子
10mくらいの長さの和船に乗って遊び(水泳)に出かけた。当時はそういった船が何十隻と琵琶湖に浮かんでいた。櫓を動かすのは一人だった。漁師が荷物を運ぶのに使っていた他、人の交通手段にもなっていた。 72才
昭和25年頃 志賀町
比良
私が小学生の頃、この船ほどは大きくなかったが、屋根のない船で(西の湖の船くらいだったかも)里山で作った割木(薪)を今津、大津へ持って行き、生活物資を求めて帰って来た。石材もよく運んでいた。在所在所に「シマ」(港ほどではない)があった。父から聞いた話では、比良と近江舞子の中間あたりに浅瀬があり、太湖汽船の船(白鳥丸?京阪丸?)が座礁したこともあると聞いた。 54才
昭和22〜27年頃 志賀町
北比良
祖父、父、私(子供の頃に手伝って実際に乗っていた)の三代で丸子船に乗っていた。私は北比良では最後になるまで丸子船で運搬業をしていた。当時、知っているだけで北比良には3隻丸子船があったが、今はどこへ行ってしまったのか分からない。湖西と湖東を往き来し、湖東で山の木材業者より割木、柴などを購入して瓦屋へ売るという仲介をしていた。その付近にも、今はもうないが、いくつか港があった。祖父の代の時は焼玉エンジンで、最後の丸子船のような船だった。つらの方に3畳くらいの部屋を作って船泊することもあった。父の代の船はエンジン(ディーゼル)を積んであった。船は堅田のM造船所で作ってもらった。
昭和22〜32年頃 志賀町
北小松
輸送船として使われていた丸子船をたくさん見た記憶がある。小さい頃、家が漁師をしており、自分は船に乗ったことはなかったが、港に漁船と丸子船が出入りするのをいつも見ていた。係留してある丸子船に乗って遊んだこともあった。家で使っていた漁船はもっと小さいもので、ヘイタの所のダテカスガイなどもなく木杭で留めてあった。その漁船には当時すでに焼玉エンジンを付けていた。丸子船で何を運んでいたかなどは何分小さかったので憶えていない。 50才
昭和30年代 志賀町
北小松
玻璃丸(はりまる、遊覧船)が走っている時代に、丸子船がよく往き来していたのを覚えている。当時はエンジンを付けて走っていた。玻璃丸はミシガンより大きかった。 60才前後の男性
志賀町
北比良
子供の頃、家に展示の丸子船と同じ大きさの船があり、割木や柴を近江八幡の瓦屋に運んでいた。各字に港があって、字に4〜5軒、丸子船を持っている家があった。私の家は比良から割木を運んでいたが、粘土を運んでいた家もあった。普通、船頭は2人くらいだが、家では1人で動かしていた。戦中まで帆と櫓で動かしていたが、動力が入ってきたため、だんだん使用しなくなった。イカリは今でも庭にある。たいていは一日仕事で、うみが荒れた時は泊まりのこともあった。 70〜80才の男性
志賀町 丸子船で湖西から湖南へ石を運んでいた。志賀町の港から対岸へ運び、信楽まで持って行ったらしい。 70才くらいの男性