いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
大正初期 大津市
瀬田
大萱
米などを運んだ。石も運んでいた。石垣にするくらいの大きなもの。 70才代の男性
昭和5〜6年頃 大津市
瀬田
南大萱
昭和5〜6年頃の農家は湖の周辺に水田を持っていたので、浜岸には多くの農家が田舟を所有していた。そのため、夏の水泳時にこの田舟を借りて、対岸の膳所との中間の場所でよく泳いだ。また、膳所方面へ野菜を売りに行った。 70才代の男性
昭和6〜10年頃 大津市
瀬田〜
堅田
洗堰より上では丸子船を使い、下流では小型の船で魚取りなどをした。丸子船は、展示の物より大きく、ヤンマーの発動機ディーゼルエンジンとスクリューをつけていた。浅瀬ではスクリューを上げて櫓を使った。堅田の方から石こう(畑にまく)を運んできて各戸に配った。瀬田川沿いアヤハの辺りなどはまだ湖で、65間の石垣があり、ギギなどを採る人がたくさんいた。 78才
昭和10年頃 大津市
瀬田川
付近
シジミ漁をしているあたりで、丸子船ではないが木の船を作っていた。 70才代の男性
昭和17年頃 大津市
瀬田
大萱
近江八幡から土、柴を丸子船で運んで来ていた。港に着いた時など、丸子船に乗せてもらった。自宅が瓦屋だったのでその土を使っていた。 74才
昭和30年頃まで 大津市
瀬田川
洗濯は瀬田川だった。岸壁に「しじみかきの船」がとまっていたので、その船でも空いたら乗って洗濯物をすすいでいた。大津に用事があるときには、近所の方に船に乗せてもらって行った。若嫁さんでも、すぐ船を上手く操れるようになる人がいて、そういう嫁は家族に喜ばれていた。 84才
昭和32年頃 大津市
瀬田
小さな漁船で唐橋の辺りに魚釣りに行ったら、ハゼ(トウヨシノボリ?)がたくさん釣れたけれど、近所の人にハゼなんてたくさんいすぎて、食べるものじゃないと言われた。けれど佃煮にしたらすごくおいしかった。島原の辺りでは朝に小さな船で「ちょっと釣ってくる」と言って釣りに行ったが、釣り針に貝が3匹くらいくっついてきていた。 70才代の女性
昭和38〜43年頃 大津市
瀬田川
唐橋〜
南郷洗堰
京都から度々、滋賀に来て、瀬田川などで網舟にのって川魚料理を食べた。今でもボテジャコ(タナゴ)の天ぷらの味が忘れられない。少し苦い所が酒の肴にぴったりで、今は食べられないのが残念である。彦根ではあまり美味しくなかったが、ハス料理を食べたことがある。 56才代の男性
昭和39年 大津市
瀬田川
唐橋・
石山寺
付近
中学2〜3年の頃、唐橋の近くにあったUボート店にて、和船(屋根のない木造の漁船のような船、手漕ぎ)を借りて遊んだ。一人で動かせた。その店では、ボートと和船を遊覧目的で貸し出していた。また、石山寺の付近にもボート店が2〜3店舗有り、川沿いに100隻ほどのボートがいつも並んでいた。 48才
昭和62年以前 大津市
瀬田川
建部大社
毎年7月17日、船幸祭について。10年以上前は、船幸祭で使う船は舟帯船と似ていて、3隻を横につないで御興を乗せていた。現在は鉄船を使用している。御興を乗せる台は、たる木を井げたに組んだもので、その上に30cm幅の木を置いて御興を乗せていた。祭も台風の時があり、船を出したものの、途中で引き返して来たことがある。船は瀬田川漁港と南郷の御旅所を往復する。氏神様の建部大社は、つい最近1300年祭をしたので、かなり古い祭だと思う。なお、御興は3台、今も昔も変わらない。 60才代の男性

毎年
大津市
瀬田川
網船は古くから伝わる情緒ある屋形船で、長く残していただきたい。

大津市
瀬田川
東海道線の橋の下で、伝馬船を漕いで魚釣りをした思い出がある。 55才