いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
明治〜大正 大津市
堅田
祖母から聞いた話。堅田には村中に水路が張り巡らされていて、小型の丸子船で野菜などを売りに来ていた。必要な日用品(薪など)もそこで調達していた。丸子船による行商が行われていた。 60才くらい
大正〜現在 大津市
堅田
父は船大工M氏の兄弟子でした。Mさんの船小屋には遊びに行ってます。父を思い出して丸子を造ってみることに致しました。氏はいろいろ教えて下さいます。父のことなど話します。材料なんか見せてもらって作ってみます。船小屋には、いっぱい小舟(丸子)などがあって楽しいですよ。 65才
大正14〜15年頃 大津市
雄琴
幼少(5〜6才)の頃、雄琴で過ごした。その頃はエンジンを付けた船はまだわずかしかなかった。鉄道がまだ通っていなかったので、貨物や人の運搬はもっぱら船であった。貨物船は帆かけの丸子船で、かなりの数が湖上を走っていた様に思う。人の運搬は小蒸気の定期連絡船があった様に思う。 78才
昭和初期 大津市
堅田漁港
長命寺から堅田漁港まで瓦の土を運んでいた。昔、堅田で魚屋をしていて、船大工Mさんも知っている。 70〜80代
昭和初期 大津市
堅田
家が瓦屋で材料を運んだりするのに、(展示の)ハリ船くらいの船を持っていた。また、家の前が船大工で、修繕の終わった丸子船の試走に乗せてもらったことがある。あの頃は近所にたくさんの造船所があった。たくさんの船が琵琶湖を走っていた。 75才
昭和5〜10年頃 大津市
堅田
子供の頃(6〜8才頃)膳所に住んでいて、琵琶湖に数隻の丸子船が帆を上げて泊まっているのを見た記憶がある。その後は、満州に渡ってしまったので分からない。軍隊では船を操縦していた。 73才
昭和10年頃 大津市
真野
京都に住んでいて、遊ぶと言えば琵琶湖だった。真野の湖辺にテントを張りキャンプをしていると、朝ポンポンポンポンというエンジン音で目を覚ました。見ると丸子船が肥を運んで、湖に捨てに来ていた。 60才位
昭和12〜13年頃 大津市
堅田
博物館のものよりだいぶ小さいもののような記憶があるが、何隻も琵琶湖に浮かんでいるのを見た。大変長閑な風景だった。琵琶湖の水は季節によって変わり、帆の白が鮮やかだった。当時、琵琶湖のシジミがザル一杯で1銭くらいだった。 70才代の男性
昭和16〜19年頃 大津市
堅田
土や粘土を運んでいとき
昭和18年頃 大津市
堅田〜
真野
57〜58年前、業者用の船(丸子船のような船)が数隻あり、30年前にはもうなくなっていた。京都から大叔父に連れられ船釣りに来たとき、和船がたくさん並んでいた。和船は魚釣り用で、網を用いて釣りをしていた。とてもリッチな遊びだった。 50才くらいの女性
昭和20〜30年頃 大津市
堅田
造船所の近くに住んでいた子供の頃は、運送屋さんは湖上で仕事をしていた。また、漁師以外に農家の方々も田舟で畑に出かけ、内海の様なところの水門を開けて出かけていた。夏には「モ」を畑の肥料にするため、水面から5cmくらいの所までいっぱいのせて運んでいた。それらも自動車や化学肥料ができてくるとだんだん見なくなった。その頃堅田でも大きなシジミは水の上からもよく見え、子供達は遊んだ後に採って帰り、明くる朝の味噌汁になった。エリの支柱を伝って女の子も男の子も潜って遊んだ。 70才代の主婦
昭和22年 大津市
堅田
昭和22年に堅田へ嫁に来た。当時、婚家は客船業をしていて、堅田と木浜を往き来していた。丸子船は帆を揚げて行き交っていた。主に山から木、土などを大津の方へ運んでいた。 70才
昭和26年頃 大津市
堅田
近所のおじさんが田んぼへ出かけるときや、東(守山方面)へ採れた物を運ぶときなどに、5〜6人の友達と一緒に船に乗せてもらって行った思い出が今なつかしく思い出される。おじさんは一人で櫓を漕いで琵琶湖を渡り、中程では水も美しく、飲むと冷たくてとてもおいしいものだった。今では考えられない。 52才
昭和28年頃 大津市
堅田
刈り取った稲を田舟で運んでいた。竿で船を動かしたが、泥が40cmほどもあった。今は、こふぼねが茂って船が通れるどころではない。 57才
昭和30年頃まで 大津市
今堅田
秋の稲刈りが終わり、稲木に稲を干し、乾けば田舟でたくさん積んで家の小屋へ持って帰り、毎日脱穀をした。家中、子供もみな手伝って遅くまでしていたことがなつかしい。実家が堅田で造船業をしていた。船大工さんが大勢いて、船おろしをした。 63才
昭和35〜55年
くらい
大津市
堅田
M造船所で船大工をしており、M.Sさんの所へも手伝いに行った。6年ほど前、京大OBの方々の依頼で琵琶湖就航ボート(フィックス、長さ13m、幅1.2m)を造り、テレビなどで話題になった。その後、同じ船を大阪のテレビ局の依頼で造った。京大OB依頼の船は、現在、今津に展示している。 70才
平成10年 大津市
堅田
今年2月、今堅田で木造船(中船)が作られた。京都の能舞台に置かれている。
最近 大津市
堅田港
附近
川の端の舟止めのところにあったようなきがします。
子供の頃 大津市
堅田
風が帆の真ん中をぬけて通るので、船がこわれない。昔の人はよく考えた物だな。 60〜70才代
たぶん今もある 大津市
堅田
田んぼの横の川にあった。「伊庭房」と大きく書いてあった。屋根のない木造の船が水門の所にあった。荷物運搬用に使った。今はボロボロだと思う。 52才