いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
江戸時代〜
昭和30年頃
大津市
尾花川
江戸時代:
「船頭源六」という屋号で、大津近辺から堅田の船の総代をしていた。江戸時代、秀吉が浅井長政に命じて百隻の船を集めさせたうちの一隻を所有していた。(「大津百艘船由緒」)
昭和30年頃まで:
造船、貸船、運送業を営んでいた。三十石船で疏水を下り京都まで行っていた。薪縄や埋木をつくるのは女の人の仕事だった。
明治時代 大津市
島の関
曽祖父が太湖汽船(現、琵琶湖汽船)の初代社長であった。その曽祖父である谷口嘉助は、島の関辺りで米問屋を営んでいた。北陸からの米俵を積んだ木造船の荷降ろしが大変だったので、実費で波よけの石垣を作った(県史に載っている)。 65才
大正14〜
昭和3年頃
大津市
浜大津〜
草津市
穴村
子供の頃、両親に連れられて、ポンポン船より少し大きいくらいの小型の汽船に乗って、穴村にお灸をしてもらいに来たことがある。丸一日かかった。 78才
昭和3年頃 大津市
浜大津〜
草津市
穴村
蒸気船でお灸の病院へ行く途中、琵琶湖に浮かんでいるところを見た。大変のどかな光景だった。 77才
昭和5〜6年頃 大津市
観音寺町
周辺
浜大津辺りで、もう少し小さい丸子船を見た。薪などが積まれていた思い出がある。坂本、唐崎辺りでも丸子船は走っていた。インクラインで船が走っていたのも思い出としてある。昭和12〜13年頃には見かけなくなった。自分の祖父はインクラインの船持ちだった。 73才
昭和初期 大津市
浜大津
周辺
疏水からインクラインを通って、船で都ホテルへ洋野菜を納めに行っていた。建物が今より少なく家の前から琵琶湖遊覧船の「みどり丸」「玻璃丸」などが見えた。よく、朝採れたての川魚を船を持っている人が売ってくれた。田舟はよく見られたし、乗ったこともある。 70才の女性
昭和10年頃 大津市
浜大津〜
草津市
穴村
家族でよく乗った。船は蒸気船であった。湖の青色がまだ目に焼き付いている。ワクワクした。 69才
昭和10年頃 大津市
西庄〜
柳ヶ崎
いわゆる帆掛け船である。作り醤油屋で高島郡の船木崎の辺りまで醤油樽を運んでいた。夏休みにその船に乗せてもらって、柳ケ崎まで水泳に行った。船は長さ10mくらいまで。帆の高さは3mくらいだったか。「森勘」という作り醤油屋で三代続いていたが、昭和50年頃までに廃業した。 72才
昭和10年頃 大津市
柳ケ崎
今の競艇場から、前の琵琶湖ホテルのあった辺りに田舟がたくさんあって、子供の遊び場になっていた。船から船へ湖に落ちないように飛んで渡ったり、船の下にもぐって(船の下を潜るときは、船すれすれに潜ると船の底にぶつかって危険だから、だいぶ深くもぐらないといけない)泳いで、明かりが見えたら顔を水面に出すというように、今だと少し親が恐がるような遊びをしていた。 60才代の女性
昭和10年代 大津市
御殿ヶ浜
(粟津周辺)
和船で沖まで出て船遊びを楽しんだ。子供が10人以上乗って行っていた。瀬田川にもシジミ採りの船がたくさん浮かんでいた。今は何でも危ないと言って子供に何もさせないが、昔はのんびりとしたいい時代だった。 60才代の女性
昭和10〜15年 大津市
下阪本
4月14日日吉祭の際のこと。現在の下阪本、柳町に七本柳の柳が植えられていて(今はない)、湖岸から船に「みこし」を乗せ、唐崎の沖まで行ってまた帰ってきました。子供の頃、毎日泳ぎ、ヨシも茂り本当に自然の中に育ち、湖は今も私と共にあるようで美しい水になって欲しいと思う。湖や山に向かう度、詩情が沸いてくる。 70才
昭和12〜13年頃 膳所城
北側の
北大手
草津から帆船が通っていて、野菜を積んで来ては肥料を持って帰った。北大手には貸船があり、1時間15銭で借りられた。 78才
昭和13年頃 大津市
浜大津
子供の頃、山田、穴村、石山寺、坂本周辺やマキノくらいまで交通機関として船に乗って移動した思い出がある。終戦後、京阪島の関辺りは埋立地になった。それまでは湖で岸辺があったのを懐かしく思い出す。また、汽船は太湖汽船と呼ばれ、当時の浜大津は大変賑わっていた。 76才
戦前 大津市
浜大津〜
烏丸半島
塩津から大津へ割木を運んでいた。その船の中で家族が生活し、琵琶湖の水を飲んだり米をといだりしていた。水は漁師などはそのまま飲んでいた。今は水筒持参。水質調べで昭和の初めころ透明度18mを記録。現在は5〜6m。戦前ワカサギの卵を放流したが失敗。余呉湖にも放流し失敗。その後成功し、ワカサギ釣り可能になった。今では富栄養化でワカサギが生育している。以前、水産試験場に勤務しており、博物館の辺りは昔分場だった。丸子船は石灰を運んでいた。 77才
戦前 大津市
柳ヶ崎
当時、ヨット(木造)に乗っていました。その時、連なって砂利を運ぶ丸子船を見ました。弟が今でも「ビワコヨットクラブ」にいて当時の木造のヨットを2艘保存しています。パイオニア(12フィート)ツエナ(少し大きい)というヨットです。こういうヨットの歴史も調べられたらどうでしょうか。 60才前半
戦前 大津市
浜大津
丸子船が帆を上げて走っているのをよく見た。大正から昭和にかけて珍しくはなかった。しかし、何を運んでいたのかは知らない。観光には太湖汽船があったので、そちらの方が珍しかった。10隻くらい走っていた。 70〜80才代の男性
戦前 大津市
浜大津〜
守山市
木ノ浜
丸子船で肥を運んでいた。二人で担いで積み込んだ。動力船で2〜3隻の船をつないでで引っ張っていた。帆は使っていなかった。米は運んだことはなかった。戦後も丸子船が使われていたのを見たことがある。 70才代の男性
昭和12年頃 大津市〜
京都市
蹴上周辺
小学校の3年ごろ、琵琶湖第一疏水の疏水下りをした事がある。15人前後の船だった。長い真っ暗のトンネルをくぐりつつ楽しかった。 65才
昭和13年頃 大津市
三井寺
周辺
親戚が三井寺の辺りにいて、遊びに行ったとき、田舟のような木造船がたくさんあり、その上を渡って「うみ」に行った。また帰りにも、そうして戻ってきた。その船を住みかにしていた人が多かった。 70才代
昭和13年頃 大津市
紺屋が関
昭和13〜14年頃、丸子船に砂利をのせ、高島の方からやって来て大津紺屋が関の浅瀬に船を着け、50cmくらいのザルに砂利を入れて運んでいたのをよく見た。また、米が統制になるまでは、玄米を高島あたりから運んできて大津の米倉に持ち込んでいた。和船には野菜や菊を積み、野菜市場や花市場に持って行ったものだった。丸子船は横波には勝てず、嵐にあってひっくり返り死亡した人もいた。余談になるが、常盤にはよく効くお灸の治療をしてくれる人がいて、京都や大阪辺りからも定期船(=蒸気船)に乗って常盤まで行く人がかなりいた。 72才
昭和13〜33年頃 大津市
穴太〜
浜大津〜
京都市
蹴上
レンガ、瓦、砂利、砂などを大津に集積し、そこから京都、蹴上までインクラインで運んだ。また、米などの食料なども和船に載せて大津に運んだ。守山、中主、野洲辺りの農家は田舟を一家に一隻くらい持っていて、それで下肥などを大津(一部、山科辺りからも)から運んでいたようだ。 72才
昭和14年〜戦後 大津市
浜大津
当時、下物から浜大津の市場まで田舟で野菜を運んでいた。丸子船では、塩津丸が大きくて、湖北から薪などを運んできていたが(この頃米俵を運ぶことは少なかったと思う)「かねぐら」や「川口」(入江名)へ入るのに江若のガードがあり、水位が高い日にはトモのかじ棒の高さがくぐれない事もあり、そんな日には浜から出っ張った浅橋に荷をあげていた。船頭は1人で、荷物は1日であげられず、1週間くらい大津に泊まっていた。昭和10年頃から船はエンジンに変わっていった。丸子船では焼玉の12馬力くらいが一番小さいエンジンだった。塩津丸も朝4時頃には玉を焼いていた。この時間くらいに私は野菜を大津に届けていた。トモにはエンジンを置いていたため、船頭はヘサキで寝食していた。 74才
戦前〜終戦後 大津市
膳所
周辺
小さい頃、山賀に住んでいて田舟に乗って琵琶湖に泳ぎに行った。
膳所城址:貝の宝庫。1時間でシジミやカラスガイがバケツにいっぱい採れた。
木下町 桃太郎湯:風呂に行って窓から釣りが出来た。
田舟:下肥取りに守山等方面から膳所まで、毎月決まった家に日時も決めて来ていた。野菜と交換または金○○円と交換
※太湖汽船(初の石炭船であった)は石山や浜大津より北(堅田など)へ通勤、通学の人達でにぎわった。(船には自転車や荷車も積んでいた。ニ階建て太湖汽船に乗って夏、石山へ花火を見に行った。
77才の男性
昭和18〜19年頃 大津市
石山〜
瀬田
京都の町内会からマツタケ狩りに来た帰り、農家の所有である田舟に乗せてもらい、石山寺から瀬田まで送ってもらった思い出がある。その時食べたおにぎりの美味しかったことが忘れられない。マツタケも山ほどとれた。秋のことで、月がきれいだったこともよく憶えている。 60才代の女性
昭和18年〜
戦後しばらく
大津市
下阪本
カラスガイ、ウナギなどを兄が採りに行くとき、田舟に乗った記憶がある(妻)。何のためか記憶がないが、昭和21〜22年頃、島の関付近で田舟に乗ったが「ろべそ」がなく「かい」が不安定で、沖に流され必死の思いで岸までたどり着いたことがある(夫)。 64才・63才
昭和20〜30年代 大津市
膳所〜
草津市
南山田
昭和39年まで膳所に住む。南山田よりポンポンと音のする船(瀬田川の網船のような感じ)で下肥を取りに来てもらっていた。盆暮れには下肥の代りにもち米や米をもらった。月1回くらい来ていた。当時は琵琶湖は大変きれいでヨシの間を走り、ご本丸(今の膳所公園)やテントラ(今の馬場町)で泳いだ。エリまで洗濯板をビート板のようにもってタライも持ち出して泳いだ。手ぬぐいでメダカも採った。 59才
昭和20〜30年頃 大津市 大津の方まで肥を取りに丸子船(動力付き)を使った。また小学生の頃、通学のために丸子船を利用していた。 80才前後の男性
昭和20〜40年頃 大津市 エンジン付きの丸子船で沖島から石や魚、シジミなどを運んできていた。沖島には3〜4隻の丸子船があったと思う。丸子船は船長と操縦士の二人で動かしていた。沖島から大津までは2時間くらいだったか。石場という地名は、石を下ろすところだったからと聞いている。父親が沖島の出身である。 57才
昭和22年頃 大津市
浜大津港
10隻ほど浜大津に泊まっていて、肥料を運び込んでいた。守山、野洲の方まで運んでいた様だ。大八車や天秤棒で桶をかついで運んでいた。船の大きさは展示してある物と同じくらいだった。 69才
昭和22年頃 大津市
坂本
小さい頃から坂本の日吉大社の近くに住んでいるが、小さいとき(50年前)海津大崎まで船に乗って(太湖汽船だと思うが大きな船だった)母親と祭りを見に行った。また、海津の人も船に乗って日吉の山王祭を見に来た。最近、山王祭の船渡御(比叡辻の若宮神社)は毎年感動して見ているが、小さい頃は船渡御はなかったと思う。 60才代の女性
昭和22年頃 大津市 田舟を漕いで琵琶湖に出たりしていた。 60才代か70才代の男性
昭和23年頃 大津市
石山
唐橋のすぐ下、Uボート店の和船を借りて、石山の花火を見に行った。鮎が船に入ってきたりした。唐橋や舟から下を見ると、底まで透き通って見えた。一人、とても上手に船を漕ぐ人がいて、14〜15人舟に乗った。展示の田舟くらいの大きさだった。 50才代の女性
昭和24年頃 大津市
大津港〜
草津市
山田港
〜穴村
船名:淡海丸(焼玉エンジン 50人くらい乗れた)モロコ船と称し、釣り人を乗せて大津港より山田まで約30分かかったが楽しいものだった。当時は太湖汽船という会名。釣りに熱中し、帰りの船に乗り遅れ、山田から草津駅まで歩いた事もある。 63才
昭和24〜25年頃 大津市
柳ケ崎
ヨットに乗りに来た時、この丸子船ほどではないが、もう少し小さい船を船主さんから借りて4〜5人で近くを乗ってまわった。エンジンが付いていた。その頃は免許もいらず、お金を払えば乗せてくれた。軍隊にいた頃、上海あたりで鉄船を引く船が帆のかわりに軍隊の毛布を張って走っていた。仲間に追いつくとしかられるので毛布の帆は下ろした。季節はサラの花(沙羅双樹)が咲く頃。 80才代
昭和25年頃 下阪本 近くの船着場に粘土を運んで来ていた。風の向きで一夜泊まる事もあった。
昭和26〜30年 大津市
膳所本町
御殿が浜
昭和20年〜30年、矢橋の方から肥取船が来て、野菜と交換にし尿を取りに来ていた。終戦直後はまだ帆船で、船の幅は2mくらいで肥桶をいっぱい積んでいた。
昭和26年〜30年、肥取船を借りてマイアミまでキャンプに行った。小糸網と打網を積み込み、ハイやモロコを取って天ぷらにして楽しんだ。船には焼玉エンジンの油と天ぷら油と鍋を積んだが、もう一つ冷蔵庫がわりの桶を積んだ。新しい肥桶を使って西瓜やマッカ、トマトを下に入れた。
浜大津のヨットハーバーで木製のヨットに乗って楽しんだ。1時間80円、120円、160円(ヨットの種類別値段)。今の琵琶湖ホテル周辺でよく乗り回した。
60才代後半の男性
昭和26〜27年頃 大津市
浜大津〜
草津市
山田港
船は草津、Tさんの持ち船であったと思う。10名程度が乗船できた。 72才
昭和27年 三保ヶ崎
〜石山寺
京都路水会の年中行事の琵琶湖遠泳の時、(伴走)船が手漕ぎ和船で、子供達をはげましたり、リタイアした子供を乗せたり、アメを手渡したり、約4時間半つかず離れず、一緒に最後までいた事を思い出す。 57才
昭和30年代 大津市
浜大津
浜大津あたりには、貸しヨット屋さんがあり、それを修理する船屋が3〜4軒あった。朝〜昼間、琵琶湖は湖から陸に向かって風が吹くので、沖に出られずにいるヨットを助けるアルバイトをしていた。逆に夕方は、陸から湖に向かって風が吹くので、烏丸半島あたりのヨシ群に帆を引っかけて出られずにいるヨットを助けた。 50才代の男性
昭和32年頃まで 大津市
浜大津〜
膳所
昭和32年頃、浜大津に丸子船、田舟が打ち捨てられていた。当時は浜大津や膳所でも魚が手づかみできるほどであった。長浜駅舎前から膳所まで丸子船(帆はなかった。エンジンで動いていたと思う。)で運んだ荷物を機関車で旧逢坂山トンネル経由で京都まで陸上輸送された。線路が3本になっていた。島ノ関、浜大津は出島で、その間、京阪石坂線は渚であった。江若も膳所まで入っていた。 53才
昭和33年頃 大津市
坂本
坂本から雄琴へ、小さな櫓の船で人を運んでいました。ちょっとした足代わりに用いられていたようだった。 60才代の女性
昭和40〜42年頃 膳所公園
の近く
膳所公園の両側、貸しボートに3人で乗った。風の強い日で沖には出なかった。5人は乗船可能な7mくらいの長さ。今ある釣り道具店が貸しボートしていたと思う。景色がとてもよかった、よい思い出。 50才代
昭和44年頃 大津市
葛川
宮前橋を川下から川上へ上っていく帆掛け船を見たのが最後である。帆はボロボロであった。 70才くらい
昭和55年頃 粟津
中学校
付近
漁をしているのをよく見かけた。仕掛けを投げ入れて立ち去っていく。 30才
5〜6年前まで 大津市
唐崎
日吉大社の船渡御では木造の田舟2艘に板を渡し、4人くらいで漕いで行った。バランスが難しくうまい漕ぎ手が必要となるが、最近はおらんのか、天井写真のような浮き桟橋か。 80才代
丸子船が帆で
走っていた頃
大津市
大津港
・大津港で風待ちをしている船頭さんの暇つぶしについて
和紙でこよりを作って、それに柿の渋皮をぬい、キセル入れやタバコの葉入れを作っていた。高級手作り工芸品となり、良いキセル入れは開けるとき「ポン」と良い音がして高値で売れた(実際、祖父もキセル作りをしていた)。
・賭事をして過ごしていた時もあり、船頭さんは身持ちが悪いといわれていた。
・子供の頃の思い出
丸子船に付いている銅板を、船頭さんが留守の時にはがしてくず鉄屋に売り、あめ玉を買って友人同士で自慢しあった。その銅は「アカ」と呼ばれ「アカ取りに行こ」と言っていた。
75才
子供の頃 大津市
坂本付近
日吉大社(日吉さんと近所の方は呼んでいる)のお祭り(山王祭)を船に乗って海津方面から多くの人が来ていた。また、自分も船に乗って海津に母親と行った思い出がある。田舟は学校のため池にもあった。色々なところで見かけたし、田鯉もいた。のどかでなつかしい気持ちが沸いてきた。 70才くらい