いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
昭和初期 近江八幡市

沖島
当時は、重木がもっと丸かった。これはきれいに洗練されている。小さな船を5〜6隻つなげて、丸子船で引っ張って運んだ。 70才
昭和27〜32年頃 近江八幡市

沖島〜
草津市
山田町
家の石垣の石を運んでいた。乗船は2〜3人で、追い風なら2時間くらいで着いた。当時は船舶用焼玉エンジンを使っていた。中で寝泊まりできる様になっていた。船によって材質が異なり、値段も違っていた。昭和10年頃、総マキの船で100円くらいか。さし板の事を戸板と呼んでいた。 65才
昭和30年頃まで 近江八幡市

沖島
子供の頃、沖島には展示してある丸子船のような百石船くらいの大きさの船が20隻ほどあった。沖島は北へ南へ物をを運ぶのに、一番便利な所にあったからだと思う。それらは沖島の石を切り出し、京都の疏水や逢坂山のトンネル、海津のトンネル工事のため運んでいた。沖島の石は硬いため、細工には向かなかった。夏休みには、父親に大津の方へ運ぶ船に乗せてもらった。浜大津でうどんを食べさせてもらうのがとても楽しみで、夏休みが待ち遠しかった。自分は瀬田川の凌渫で出た土をこの烏丸半島の埋め立てに運んだ。その土は山のように積んであった。今の沖島は昔の港も埋め立てられ、家々も新しくなり若い人はあまり漁をしなくなった。 70〜80才代の
男性達
昭和35〜40年頃 近江八幡市

沖島〜
大津市
浜大津
堅田
沖島からの積荷(シジミなど)が浜大津まで来る。船から放り投げたシジミを受け取るのが大変重かった思い出がある。父(明治31年、塩津の生れ)が大津へ丁稚に出る時の交通手段は丸子船だったそうで、「母親が船に向かっていつまでも手ぬぐいを振ってくれていた」と聞いた。 55才
昭和37〜38年頃 近江八幡市

沖島〜
大津市
浜大津
沖島で取れた石材を浜大津まで運んだ。焼玉エンジン付きの丸子船だった。浜大津といっても今の石場の辺りに田んぼ道があり、そこを天秤棒で担いで石材を下ろした。18才の頃だったので、天秤棒でバランスをとるのが難しく先輩に必死で付いて行った。石材では湖岸の石垣をつくった。夜、遅くなったときは一泊し、次の日に食料や海産物を運んで帰った。 54才の男性

近江八幡市

沖島
当時丸子船に花こう岩「さくら」という石を、沖島からいろいろな所に運んだ。帰りは船を空にした。 風がないときは1週間から10日ほどかかった。結婚した若夫婦は、食事は家でして夜は船で寝ていた。それだけ船を大切にしていた。 70才代