いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
明治時代 長浜市 長浜城の外堀があり、(今は跡だけだが)その堀を千石船が物資を運ぶため通っていたと、昔、お年寄りから聞いた。 70才代の男性
昭和7〜12年頃 長浜市
旧長浜
駅舎
記念館裏(当時は琵琶湖だった)
ヨシ原を船が通ると魚が踊り、それをよく捕まえて遊んだ。船は高島→今津から大浦、塩津経由で長浜へ来た。そこで割木、柴を降ろし、長浜の問屋で注文を受けてきた呉服などを運んで帰っていた記憶がある。高島?の西郷?に長浜という旅館があるが、それは丸子船で長浜へ往来する人が泊まったという事の証である。 76才
昭和10年頃 長浜市 湖西方面から燃料(柴、割木)などを運んでいた。 73才
昭和10年代 長浜市
西浦〜
びわ町
燃料となる柴を運んでいるのを見た記憶がある。長浜港からは竹生島や彦根、大津に船が出ていて「じょうき」と呼んでいた。 60才
昭和24年頃
長浜市 塩津から柴や割木、砂糖を長浜や大津へ持って行き売っていた。大津からは雑貨を持って来ていた。冬は寒いが天気が良いと売りに来て、雨降りの前に南風が吹くので、それで帰っていた。丸子船は昭和20〜25年頃まで一家に一隻くらいあり、1〜2人で動かしていた。エンジンと帆で動かし、中で寝泊まりをするため、畳が敷いてあった。 74才
昭和30年頃 長浜市
(長浜汽船の辺り)
塩津→長浜→堅田と石材、石炭、米などを運んでいた。昔は内湖がたくさんあり、米川の辺りには米倉がたくさんあった。帆ではなかったが丸子船がたくさんあった。昔は当然だと思っていた。帆船は明治の頃ではないか。 47才の男性
昭和30年頃 長浜市
旧長浜港
Tさんという方に丸子船に乗せてもらったことがある。Tさんは塩津から色々な物を運んでいた。長浜で停泊している時、中に入ってお茶をごちそうになった。中の広さは畳2畳くらいで、小さな茶箪笥やコンロが置いてあった。船は焼玉エンジンを付けていた。 70才
昭和38年頃 長浜市 幼い頃、父に連れられて旧長浜港(今は道路になっている)に行った。丸子船(たぶん)に乗って船の中で泊まり、怖いお化け話をしてくれた。 44才
昭和42年以前 長浜市〜
今津町
家が自転車の問屋をしていたので、自転車の部品を太湖汽船に乗せて運んでいた。車が増えるまでで、後はバスなどで運んだ。船は輸送と遊覧とに使われていたようだ。 72才