いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
昭和14年〜終戦 米原町

入江内湖
50人ほどで木造船に乗り、入江内湖から琵琶湖に出て長浜へ花見(桜)に行った。昭和12〜13年頃、綿や絹で漁網を作り朝鮮半島へ輸出していた。昭和24年には東レからナイロンで網を作って欲しいと依頼があり、試作したのを憶えている。漁網についての資料の整理を頼まれているが、なかなか出来ない。この博物館には昔の物がいっぱいあってうれしい。 80才
昭和17〜18年頃 米原町

入江内湖
干拓
戦争の時、内湖を田にする(食料不足のため)のに、幅4尺(約1m20cm)長さ7軒(約10m)の舟(竿は直径約5cm、長さ約6mの竹)を使っていた。春と秋に田を耕して収穫した。藻を採って肥料として畑に入れていた。家の前はクリークになっていて、新しい田を作るため石や砂も運んだ。田の側のヨシは、ヨシ葺き、夏の日除け、かまどの燃料にした。また漁業権を持っていて、コイなどを捕まえる網モンドリを設置して捕っていた。 70才代
昭和25〜31年 米原町
筑摩
子供の頃、魚釣りに入江内湖で舟に乗った。竹竿で押して舟を動かした。祖父が畑や田へ行く交通手段であった。方向転換は船尾の方で竹竿一本だけで舟を操った。 56才
昭和35年頃 米原町
内湖
子供の頃、田舟に乗った事がある。展示の船と同じくらいの大きさの舟だったが船首の辺りはもっと広かったように思う。ヨシなどの間を抜けて行った。小学生になって自分で動かした事もあり。竹の竿一本で方向を返るのに、舟の後ろの方で竹を突くのが難しかった。 50才代後半

米原町? 丸子船で、塩津から木炭、燃料、ニシン、数の子(北海道産物)、米を柳川港へ運んでいた。八日市には市場があり、そこでは海産物や米などの主に食物が売買されていた。明治時代になると丸子船の他に、人が乗って往き来する蒸気船ができ、大津→近江八幡→柳川→彦根→長浜→木之本→竹生島→大津の順に停まる定期船のような船が当時移動の手段となった。 70才くらいの男性