いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
明治初年頃まで 木之本町
高時川
高時川の上流から下流に向けて、物資を運ぶ船をよく見かけました。その船は丸子船よりも小さく、帆はなく、高さもあまりなかった。また、下流から上流に向けては、両岸からロープで引っ張るようにしていた。その時、物資を運んでいたこともあった。 50才代の男性
昭和10年代 木之本町 木之本町の飯浦で、丸子船は10才の時から漕ぎ始め、17歳頃まで乗っていた。当時、近辺には4ハイの丸子船があり、近江八幡へ薪を運んだことを覚えている。また、大津の石山?に丸子船の燃料所があり、そちらにもよく行った。昭和生まれの人で丸子船を動かせる人は少ないが、大正生まれだと結構乗った人は多い。 大正生まれ