いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
江戸時代〜末期 今津町 琵琶湖には、今津港の周辺に海津、塩津、大浦などの港町があった。当時、今津は加賀藩の飛び地だったため、土着の人と加賀から移り住んだ人がいた。北海道から展示にあるような海藻、鮭などを松前船で小浜や敦賀まで運んで、牛車、馬車に積み換えて山を越えて今津まで運んだ。その後丸子船で堅田や大津の方へ運んだ。今津には五百石、三百石船もあった。 75才
昭和初期 今津町 近所の人が何人か、個人で百石積くらいの丸子船を所有していた。炭などを運んでいたようで、エンジンが付いていた。私自身は田舟を動かしたことがある。7〜8mの木造船で、通常は櫓、浅瀬では竹竿で動かした。刈り取った稲、下肥などの荷物を運んだ。初めは櫓がよく外れて苦労した。当時は水路が多かった。 64才
昭和初期 今津町 昭和初期、京都に丁稚に出る時、船を使って出ていた。今津港を午前2時に出て、6時間後の朝8時に浜大津港に着き、その後、汽車で京都まで行った。 82才の男性
昭和8〜10年 今津
安曇川
朽木
積載物は砂、バラス、薪炭類。丸子船を3〜4隻を綱でつないでエンジン付きの船で曳航していた。 73才
昭和10年頃 今津港
(コウザイ沼)
今津で父、兄がハリ船で漁をしていた。うみが荒れてくると「コウザイ沼」に船を入れた。それはそれはぎょうさんの船やった。11月から3月頃はイサザ漁や。12時頃竹生島の近くで取ってきた。もう一ぺん行こうという日もあった。魚は天秤棒で担いで組合の魚揚げ場へ持って行った。エビは大豆と味噌で母が炊いた。おいしかったなー。今は浜をのぞいてもドッチン(ドンコ?)が一匹おるだけや。 72才
昭和14年頃 今津町 薪、炭、米などを積んでいた。 67才
昭和10〜50年
頃まで
今津町〜
近江八幡
近江八幡からヨシ原の土(粘土、瓦を作るための土)を今津や高島まで運んでいた。今津から大津の方へは米、炭、薪などを運んでいた。八幡のヨシ原の土は、最後にはなくなってしまった様だ。今、丸子船を作るにはいい木材がないから大変だろう。 70才代後半