いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
明治初期〜
昭和15・16年頃
まで
中主町
兵主
子供の頃の記憶と50年前に聞いた話で 定かではない部分があるが、私は元丸子船の所有者の子である。
船名:栄寿丸 米200俵あまり積めたと聞いていた。
業種:米殻販売 木材、薪炭、石材販売 
場所:湖東、湖西一円(湖北まで行った事もある)中主町(旧 兵主村、中里村)を主に商いを行う。 当時当地に3隻あった。昭和40年前後には船外機を付けていた。
71才
大正時代〜
昭和初期
中主町
吉川港
丸子船に中主産の米を積んで中主の吉川港から出航し、大津港まで運んだ。大津の正米(しょうまい)市場では、各集落ごとに入札が行われ、どこの米がなんぼで売れたかは札を見て分かった。大津で荷降ろしした後は、堅田に廻って薪を購入した。空船は燃料がもったいないこともあって、殆どと言っていいほど荷(中主は山から遠かったので薪)を載せて吉川港に帰った。帰る途中で凪ってしまったときは、もうそこに吉川港が見えていても帰るに帰れず、風が吹くのを待っていた。吉川港から出航するときも風が吹いていない時は出航しなかった事がある。昭和初期にはエンジン付きになった。吉川港からは蒸気汽船も出て遊覧したことがある。比良八講の時、中主にあった野田港の丸子船が大波を受けて荷を積んだまま沈んでしまったという。 81才の男性
昭和初期まで 中主町 野洲で米を積んで、大津、浜大津、草津などへ運んでいた。浜大津で売買をして、大津はもちろん京阪神まで流れていった。帰りには石、炭、木材を買って帰った。 60〜70才くらい
昭和初期 中主町
兵主
私の父は田舟を作っていた。今でも湖の波の音 を思い出す。当時、野田辺りでは田んぼに行き来するのはみんな舟で、大切な交通手段だった。 長い竹竿で上手に舟を操る姉さん方。田で採れた物や牛まで、みんな舟に乗せて行き交う。 65才
昭和初期 中主町
野田
兵主丸ともう1隻あった。中主町は旧兵主村と中里村と合併。兵主丸は兵主村、野田、Tさん所有。主に米を積んで大津へ運搬していた。柴や割木、石材を西江崎(堅田−志賀町)より京荘湾へ運ぶ。後になって丸子船にエンジンを付けてポンポン船として使っていた、 80才
戦前 中主町
吉川
今から5〜60年くらい前には、展示のものほど大きくはなかったが、丸子船が吉川の港につながれていた。帆はなかったのでたぶんエンジンを付けていたのだと思う。当時は、今のように道はなく、畑や田へ行くには田舟を竹の竿で漕いで堀を通って行くしか手段がなかった。稲刈りの頃には、2時頃からランプを持って出かけた。稲を刈り、脱穀をして、籾を船に乗せて帰る頃には夜になり、田を一枚刈るのは本当に大変な時代だった。結婚した頃は、船などに乗ったことがなくて、初めのほうは舟が揺れるのがとても恐くていつも舟にしがみついていた。それでもいつの間にか、自分で運転できるようになっていた。昭和33年頃まで田舟を使っていた。今日は家がこれくらい刈れた、隣があれくらい、明日は負けないようにとお互いに競ってがんばった。また、早く仕上がった家の人達は、他の家のを助けていた。女の人の一番の楽しみは、朝、1隻だけつないである船にみんなで集まって洗濯をすることだった。色々なことを話しながら、心がなごんだ時間だった。 60才代の夫婦
昭和20年頃 中主町〜
大津市
兵主大社の近くの米屋の裏に丸子船が来て、米を100〜150俵くらい積んで大津へ行っていた。帰りはマキや薪を積んだ。丸子船を営んでいた人は村に2軒くらいあった。 70才くらい
昭和22年頃中主町小さい頃、絶えず野洲川が氾濫し、 現在の野洲川が出来るまで大水の度に逃げたのを覚えている。氾濫したときは田舟が出て、 在所を回っていた。 59才の女性
昭和20〜40年頃
まで
中主町〜
近江八幡市
毎日、田舟で田へ出かけた。田植えの頃、 苗を積み舟で運んだ。収穫期には脱穀機や稲ごきを載せて行き、帰りにはできあがった籾を積んで 持って帰った。中主町、近江八幡共に田へ行くには舟を利用していた。 田の回りには水路(堀)が 巡らしてあり、浅いところでは竿を用いて舟をこぎ、近江八幡の一部で竿の立たないところでは 櫓を利用して舟を漕いだ。家のすぐ傍らに船着場があり、舟はいつもそこにつないでおいた。 住居のすぐ傍らに水路のない家の人は大変で、脱穀機などをリヤカーや大八車に積んで水路まで 運び、舟に乗せたものだった。どちらにしても当時の農家の労働の大変さは、今の人には想像も つかないほどでした。 60才くらいの女性と
65才くらいの女性
戦後 中主町〜
近江舞子
〜長命寺
毎年8月1日に町の青年団の年中行事の一つで、 エンジンを付けた丸子船で観光をした。その頃の近江舞子は、水がきれいで湖底がよく見えた。 田舟はつい最近まで農作業に使っていた。70才代の女性
昭和22年頃中主町
兵主
いわゆる田舟ですが、おそらく農耕用又は生活用に用いられ、たまたま人々の葬祭儀礼にも準用された思いがある。古い話では婚礼に他村から花嫁が乗ってきたと聞いている。 70才
昭和25年頃中主町
吉川
京都から中主へ里帰りした際に、浜大津から 蒸気船に乗り堅田経由で吉川まで行った。吉川からは、再び来た航路を戻った。吉川の実家では 田舟を移動の手段に使い、田んぼに行っていた。
※草津経由と堅田経由吉川行きは異なる航路だった。
70才
昭和26年頃中主町
吉川港〜
高島町
白鬚神社
近所の漁業をしている人に乗せてもらって、 白鬚神社に参拝した。当時は戦後、物資が不足しており、船のエンジンを動かすガソリンなどの調達が 大変であると聞いていた。56才
昭和30年 中主町 琵琶湖に注ぐ吉川。田舟で花火をしたり、ドブガイ釣りをした。田舟に乗っていたいとこが舟からが落ちて亡くなった。 56才
昭和30年頃 中主町
現在の
マイアミ
ビーチ
〜大津市
これと同じ位のデイーゼルエンジン付きの丸子船で20tの砂を積んで大津まで運んでいた。朝出て、昼には帰れた。当時は5t積みトラックはなかった。船が喫水線ギリギリまで沈んで、横風が来るとおお揺れに揺れて恐ろしかった。そのため、比叡山の下の方の風の来ない所を選んで走らせた。焼玉がよく詰まるので掃除をした。 60才くらい
昭和30〜42年
頃まで
中主町
吉川
当時、家の近くまで堀があり、田んぼへ行くにも田舟で行った。また、池ではヒシが採れ、幼少の頃は川で魚釣りやヒシ採りをして遊んだ思い出がある。小さい頃には現在ほど遊び道具もなく、田舟で遊び、川や池で泳ぎ、冬になって堀に氷が張ると川を横切ったりと、田舟や川、池にはたくさんの思い出がある。 48才
昭和36年中主町
比留田
新川
〜野田
里帰りした時(5月5日?)兵津大社の祭りがあって、その時に親戚の人が田舟(たぶん)で川を下ってくれた。ヨシなどが眺められて風情があった。 60才代の女性
昭和45年頃 中主町
野田
野田の田は琵琶湖から近かったので田に行くには船を使うしかなく、籾運びも半分沈むくらいに積み込み、竿をさしたり、船外機など使用した。苗類を積んで船を出す時はひっくり返りそうで怖かった。今では道になって全てが機械化された。 69才
昭和30年頃 中主町曽祖父が家の船で地元から大津まで米を運んで いた。その後、父が志賀町に柴や薪を買付けに行き、買ってきた柴や薪を田舟に分けて乗せて運び、 その後リヤカーで売りに行っていた。焼玉エンジンを積んでいたが、竹竿も使った。長命寺の花火 大会には村の人を乗せて行った。古くなると水が入ってきてバケツでかき出した。「ニワ」の時に 船を出していた。その船は30年くらい前に中主の菖蒲の人に3万円で売った。50才代
昭和50年頃まで 中主町 毎年11月18日頃 八ツヶ崎神事 兵主大社の神主さんを田舟で迎えにいく。 船頭さん2人が送迎した。現在は自家用車。穴太から菖蒲浜へカメがやって来たことにちなんだ 神事。神主さんが胸くらいまで湖につかって何かをまく。昭和45年頃までその辺りの川で、ギギや ナマズなどが採れた。昭和50年頃までは神主さんを送迎する川があった。 58才
中主町 田舟は陸に上げると乾燥してよくない。だから雨が降ると田舟に水がたまり、しまいには半分沈んでしまう。これはむしろ良い保存法。櫓は樫の木がいい。堅くて丈夫だから。