いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
昭和の初期 びわ町 びわ町下八木では、昭和の中頃まで田舟が使われていた。そのため川筋にある田の方が値打ちがあって人々から重要視されていた。稲の取り入れ、田の耕作全て舟で行くので、子供心に舟に乗って田へ行くのを楽しみにしていた。 50〜60才代の女性
昭和10〜20年頃 びわ町 小学生くらいの頃、塩津から柴や割木、炭などを積んだ百石積みよりはもう少し小さい丸子船が、定期的にびわ町まで来ていた。丸子船に乗って来た人達は、3〜4泊してドジョウやミミズなどを採り、それを餌にしてナマズなどを釣って戻って行った。 60才代の男性
昭和15〜16年頃 びわ町
南浜
柴や割木を大浦から運んで来ていた。ビデオの「最後の丸子船」のような感じだった。エンジンは付いていなかったと思う。この頃は、長浜に行くのも船を使っていた。船しか移動の手段がなかった。子供の頃は、船で沖に出てそこから琵琶湖に飛び込んだり、船に引っ張ってもらったりして遊んだ。先代は船でちりめんを南浜→大浦→大津→京都へと運んでいた。 70才くらいの男性
昭和17年頃 びわ町
姉川の
河口付近
展示コーナー「漁師の家」の横にある“川の漁のコーナー”の背景写真の様な船に乗っていた。ヨシを運んだり、モロコや鮎などをびんどり(?)という漁具を使って採っていた。実際に自分も子供の頃乗った。ヨシを刈るときに竹の下駄のようなものを履いていた。当時はその船で竹生島へも行けた。
昭和30年頃
びわ町
下八木
田舟に乗って田や畑へ行った。田舟で収穫した物などを運んだ。田舟から小魚を釣った事もある。 50才
昭和30年代 びわ町
早崎の
内湖
内湖で田舟遊びをよくした。田舟から水中に飛び込み、ドロ貝をよく取った記憶がある。 40才代の男性
昭和42年頃 びわ町
姉川
小学生の頃、近所の子供達ばかりで、ヤナの側にあった漁師さんの船を勝手に乗り回した思い出がある。竿だけで流れる川を下ったが、子供達だけでよく戻って来れたと思う。今から思うとたくましかったな。 50才代の男性
びわ町 子供の頃、塩津港から大津港まで薪や柴を運んでいる丸子船をよく見た。田舟は実際に自分で使っていた。びわ町の各家が1艘は田舟を持っていて、運河を使って、田んぼや畑と琵琶湖を行き来していた。一面が桑畑で養蚕業が発達していた。田舟で主に蚕を運んでいた。今はその畑も住宅地になってしまった。 70才代の男性