いつごろ どこで どんな様子でしたか 年齢
江戸時代 安土町
下豊浦
藍染の玉を製造し、丸子船で大津、長浜へ運んでいた。丸子船の櫓が残っている。
大正〜昭和に
かけて
安土町 先代から船大工をしており、現在はニ代目。主に、近江八幡、彦根、稲枝の方の田舟を造っていた。現在は田舟を再利用するために 樹脂加工したり、水郷めぐりの櫓などを造ったりしている。かつては真珠養殖(西の湖)のための田舟の需要も多かった。船を造る道具を琵琶湖博物館に寄付している。 70才
昭和3年頃 安土町
下豊浦〜
安曇川町
琵琶湖の水が大変美しく、水筒を紐でくくって湖に投げ入れ、汲んだ水を飲んだ思い出が忘れられない。 83才
昭和20〜30年頃 安土町 田舟(展示室のハリ船くらいの大きさの船)で貝を採っていた。 田舟を櫓で動かすものもかなり力がいったので、この様な丸子船で櫓を使うのはもっと大変だったのだろう。 ちょうど展示室の貝曳漁の模型と同じような感じで、マンガをろくろで引き寄せ、たくさんの貝を採った。 船にいっぱいになった。目の細かいマンガではシジミなどの小さな貝を、目の大きいマンガではドブガイなどを 採った。大中の湖もよく貝の採れるところだった。寒くて、魚がじっとしている時は貝と一緒に魚も採れた。 採った貝は、ゆがいてザルでゆすって身と殻に分け、佃煮にしたりして山科辺りへ売りに行った。 あっという間に売れた。貝が採れなくなってきて、昭和30年頃から菓子屋を営み、あられなどを売った。 昭和50年頃からは会社勤めをし、定年まで働き、今はゆっくり過ごさせてもらっている。 70歳代の男性
昭和22年頃 安土町
西の湖
周辺
田舟で毎年8月1日に長命寺へお参りに行っていた。舟の上で食事をとっていた。田舟で田の泥の下の粘土を取って瓦の土にしていた。家財道具の買い物(洗濯機)。薪を運んでいた。※卒業論文のための聞き取り調査より。 22才
昭和20年代半ば 安土町田舟で稲を運んでいた。お正月が近づくとダボガイ (たぶんカラスガイ)を舟に乗って採りに行った。トラックなどは近くになく、一日一回見かけるくらい だった。 55〜60才の女性
昭和30年頃まで安土町 毎朝4時頃から西の湖に出て、藻さらえをした。 船のへりでこそいでユサユサとして泥を落とすのがコツであった。船にこんもりと積んで持って帰り、 川縁に藻塚を作った。畑に入れて土の乾燥を防いで肥料にした。西の湖には50〜60艘出ていた時があった。 大正年間が一番盛んであった。 大正2年生れ
昭和36年頃安土町田畑へ行くときや、 モロコ、シジミ採りのときの交通手段として、ハリ舟と田舟の中間くらいの大きさの船を使った。 よくひっくり返り、死んだ人も多かったので「泳げるか?」と聞かれた。船大工のF.Kさんは親戚。46才
平成12年秋安土町
西の湖
平成12年秋、釣りに出かけた折、田舟を2艘並べて その上にコンバインを乗せて運んでいた。こういう風景は見られなくなるだろうから写真に収めれば良かった。 田舟を漕いだ櫓を持っている。 50才代