お知らせ(更新履歴)

地域発見!参加型移動博物館

移動博物館バナー

「地域発見!参加型移動博物館」は、琵琶湖やその集水域の自然や歴史、人々の暮らしや文化などに関する移動型の展示キットからなります。移動博物館は、滋賀県や琵琶湖への興味・関心を高め、琵琶湖や琵琶湖博物館へ来訪してもらうことを目指しています。そのため、琵琶湖・淀川流域をはじめ各地のイベント会場、ショッピングモールなど多くの人が集まる場所で開催しています。

移動博物館は、平成23年に滋賀県立琵琶湖博物館がふるさと納税の「マザーレイク滋賀応援基金」を活用して制作しました。

平成27年度からは、単に移動博物館キットを設置するだけでなく、平成28年夏の第1期リニューアルオープンの魅力も紹介する「サテライトミュージアム」も開催します。

展示キットのご紹介 |出展スケジュールお問い合わせ

展示キットの特徴

<体感できる> ■実際に触って体感することで興味を引き出す

<一目瞭然> ■姿、形の理解を深める拡大・縮小サイズ

<コンパクト> ■箱型トランク自体が展示台  ■木製の箱型トランクに収納  ■宅配便でも輸送可能

展示キットのご紹介

移動博物館は4つのテーマからなり、全部で15種類の展示キットと2種類のパネルで構成されています。
※各キットの詳しい内容については、「各展示キットの解説(PDF形式:1,057KB)」をごらんください。

A
【A 大昔の琵琶湖】大昔、琵琶湖のまわりはどんなところだったのでしょう?それを知る手がかりは、いろいろな化石などです。大昔の琵琶湖のようすを探ってみましょう。
001 002 003 004 005
A1.足跡の正体はだれ?A2.アケボノゾウ足跡レプリカA3.移動してきた湖、琵琶湖A4.歯型の正体はだれ?A5.化石をさわってみよう
B
【B 人と琵琶湖のいま・むかし】昔から今まで、人々は琵琶湖と共に暮らしてきました。昔の人々は琵琶湖とどんな関わりがあったのでしょう?またどう見ていたのでしょう?少しだけのぞいてみましょう!
007 008 009 010
B1.琵琶湖水運の主役・丸子船(模型)B2.丸子船港めぐりスゴロクB3.古今の名所くらべB4.古今の物産くらべ
C
【C 琵琶湖は生命のゆりかご】琵琶湖とその周辺には豊かな自然が広がり、たくさんの生き物たちを育むゆりかごになっています。どんなところに、どんな生き物がすんでいるのでしょうか?
011 012 013 014 015
C1.生命をはぐくむ里山C2.生命をはぐくむ水田(1)C2.生命をはぐくむ水田(2)C3.生命をはぐくむヨシ帯C4.顕微鏡をのぞいてみよう
D
【D 博物館そして地域へ】環境ってなあに? 湖と人間のよりよい関係とは?見近な自然や暮らしを見つめ直してみましょう。そして、フィールドへ出かけましょう。
016a 016 017
D1.空から見た琵琶湖(床マット)D2.地域発信ステージ(DVD視聴)
その他(パネル)E1.プロローグパネルE2.顔出しパネルE2.イーゼルパネル

出展スケジュール

2016年度

  イベント名 開催日 会場 主催
1 KYOTO STATION Building KIDS DAY(琵琶湖博物館ブース内) 5月3日-5日 京都駅ビル 駅前広場(ホテルグランヴィア京都前) 琵琶湖博物館
2 7月1日「びわ湖の日」びわ湖の恵み再発見! 7月2日-3日 イオン西大津店 滋賀県
3 第10回博物館夏祭り 7月18日 ビバシティ彦根 博物館夏祭り実行委員会
4 琵琶湖移動博物館 7月23日-24日 ピエリ守山 ピエリ守山
琵琶湖博物館
5 We♥SHIGA ~知る、楽しむ、エコする。~ 7月30日-31日 イオンモール草津 イオンモール草津
6 琵琶湖ホテル 夏休みイベント 8月11日-14日 琵琶湖ホテル 琵琶湖ホテル
7 イナズマロックフェス
(琵琶湖博物館ブース内)
9月17日-18日 烏丸半島芝生広場 琵琶湖博物館

これまでの出展

8/6移動博物館の様子
移動博物館の様子(2013/8/6 しが☆まなび☆発見!文化産業交流会館)

お問い合わせ

滋賀県立琵琶湖博物館 企画調整課 「移動博物館」担当  電話:077-568-4811