マーク

滋賀県立琵琶湖博物館はしかけ事業
「近江の国 中世なんでも探検隊」募集説明会



イメージまんが  1984年、守山市横江町で平安時代(11世紀)から室町時代(15世紀)にかけての、川と堀に囲まれた団地が発見されました。当時の人びとはいったいどんな暮らしをしていたのでしょうか。
 滋賀県立琵琶湖博物館では、「はしかけ」事業の一環として「中世探検隊」を募り、学芸員と一緒に当時の人々の暮らしの復元に取り組み、その成果は2002年度の企画展示で紹介する予定です。みなさんも中世の探検にでかけてみませんか。
*「中世」とは、古代と近世・近代のあいだの時代で、日本では、平安時代後期(11世紀後半)から室町時代(16世紀後半)までとするのが一般的です。 人





1.日 時 平成13年6月2日(土) 14時30分〜16時

2.場 所 滋賀県立琵琶湖博物館 セミナー室

3.内 容 「700年前の近江を探検してみよう」(琵琶湖博物館 橋本道範)
 今後の活動について など

4.担当者
  連絡先
滋賀県琵琶湖博物館 橋本道範・牧野久実
    〒525-0001
    草津市下物町1091
      電   話:077-568-4811
      ファックス:077-568-4850
      e-mail:hashimoto@lbm.go.jp

5.その他 原則として、第二、第四土曜日に例会を開催し、学習会や見学会、体験学習などを行う予定です。
次回予定 平成13年6月16日(土) 14時〜16時 琵琶湖博物館会議室
  学習会「中世探検入門1−中世庶民のおしゃれを探検−」



中世探検隊のページへ