琵琶湖博物館 『フィールドレポーター』

2002年度 フィールドレポーター調査

2002年度 第3回 「アオマツムシは鳴いていませんか」

報告書全文(PDF:220Kb)鳴き声と画像調査依頼用紙調査アンケート用紙

 いよいよ今年度第3回目のフィールドレポーター調査、「アオマツムシは鳴いていませんか」を開始することになりました。今年度初めからご連絡していますように、今年度のフィールドレポーター調査は、来年度の博物館特別展示「外来生物(仮称)」に参加することを目的として、外来生物についての調査を行っています。今回調査の対象となる「アオマツムシ」は、調査依頼用紙にも書いてあるとおり明治末期に中国大陸南部から入ってきたもののようです。
このアオマツムシについては、琵琶湖博物館がまだ準備室段階であった1993年に県民調査として実施しています。今回行われる調査と、1993年に行われた調査結果とを比較することによって、およそ10年間でその分布がどのように変化しているのかが明らかになるものと思われます。そのためにも、なるべく多くの方々に参加していただいて、たくさんのデータを寄せていただきますようお願いします。
ところで、みなさんアオマツムシのことをどのくらいご存知でしょうか。秋の夜長に鳴く虫はたくさん知られていますが、アオマツムシはあまり話題に上らないような気がします。そこで、鳴き声を録音したカセットテープと、スタッフの森さんが撮影してくださったアオマツムシの写真を同封しますので、ぜひ参考にしてみてください。また、インターネットをお使いの皆さんも多数おられることと思います。アオマツムシについて紹介してあるホームページのアドレスを以下に記しておきますので、こちらも参考にしてみてください。

「アオマツムシの鳴き声」

鳴き声を聞くには、下の再生ボタンを押してください(聴くにはそれぞれにあったplug-inが必要です)。

アオマツムシ写真
アオマツムシ
AIFF(824k)
WAVE(824k)
MP3(76k)

参考となるページへのリンク

「フィールドレポーターアオマツムシ調査依頼用紙」

身のまわりの自然 皆で調べてみませんか

アオマツムシは鳴いていませんか

 今回のフィールドレポーター調査はアオマツムシ調査です。滋賀県下のアオマツムシの分布を調べ、来年度の「外来生物」の企画展示にその調査結果を使わせていただこうと考えています。秋の鳴く虫、アオマツムシが鳴いているかどうか、調べていただけませんか。

 秋は鳴く虫の季節です。夕方からスズムシやマツムシなどの鳴き声を聞くのは、日本の秋の楽しみの一つです。ところがいつからか、変わった鳴き声の虫がいることに気がつかれた方はいませんか。秋の鳴く虫は草かげで鳴くものがほとんどですが、明らかに木の上で、「リー、リー」と長くのばしたかん高い音で連続して鳴いている虫がいたら、それがアオマツムシです。アオマツムシの写真と鳴き声は琵琶湖博物館のホームページで見ることと聞くことができます。一匹でもかなり大きな声ですが、たくさん集まって鳴き出すと、うるさくて木の下では話もできないほどです。しかし、いざ探してみるとなかなか見つけることができません。8月下旬から10月下旬ごろまで鳴き続け、暑いうちは夜、涼しくなってくると夕方や昼間でも鳴いています。鳴き声は日没前後からの一定時間に集中しますが、発声そのものはこの時間帯をすぎても断続的に続きます。

 アオマツムシは中国大陸南部からやってきたと言われている昆虫で、明治末期に東京で初めて発見されました。関西で広がりはじめたのは戦後のことです。関西では兵庫県の宝塚市山本地域から広がりはじめ、大阪、京都を通って滋賀県で見られるようになったのは、比較的最近のことのようです。

 アオマツムシは自然の森のなかにはおらず、街路樹や生け垣などを好んでくらしており、人のくらしとの関わりのふかい昆虫です。1993年に琵琶湖博物館ではアオマツムシの調査を行いました。その結果、湖北、湖西を含めてほぼ滋賀県の全域にアオマツムシの分布が見られました。そして、主要な道路や、鉄道の交通網とアオマツムシの分布が一致していることも分かりました。今回の調査結果と1993年の調査結果を比較することで、アオマツムシの分布の変化や環境の変化を見ていきたいと思います。

◎調査方法
  • 1. ある場所でアオマツムシがいるか、いないか(いないことも重要なデータとなります)を確認して、博物館にお知らせ下さい。 ハガキあるいは封書で、調査の結果とご自分の、お名前、住所、年齢と調査地の住所をできるだけ詳しく書いて下さい。
  • 2. アオマツムシがいた場合には、まわりの様子や鳴いていた場所(街路樹、生け垣等)をお書き下さい。
◎調査期間
  • 9月10日〜10月15日

「フィールドレポーターアオマツムシ調査アンケート用紙」

アオマツムシのアンケート(下記に記入をお願いします)

  1. 氏名 (                )
  2. 住所 (                            )
  3. 年齢 (      才)
  4. 調査時間 (   月   日   午前・午後    時)
  5. 詳しい調査場所 (       市町村             )
  6. メッシュコード番号(                )
  7. 天気(1. 晴れ、2. 曇り、3. 少雨、4. 多い雨、5. 月夜、6. 月のない星空)
  8. 調査結果 アオマツムシは鳴いていた (1. はい  2. いいえ)
◎アオマツムシが鳴いていた場合は以下に記入して下さい
  1. 鳴いていた場所ではじめて鳴き声を聞いたのはいつごろですか
    (1. 今年初めて、2.  年前ごろ)
  2. 鳴いていた場所で今年はいつごろから鳴きはじめましたか
    (                 )
  3. 鳴いていたアオマツムシの数 (1. 複数 2. 1匹)
  4. 鳴いていた場所(1.生け垣、2.庭、3. 河原、4. 街路樹、5. 道路に面した林、6. 林の中、7. 果樹園、8.公園、9. その他        )
  5. もしわかれば鳴いていた木の名前(1.サクラ、2. ウメ、3. モモ、4. カキ、5. カエデ、6. ヒサカキ、7. ヒイラギナンテン、8. シイ、9. カシ類、10. ナシ、11. プラタナス、12. その他        )
  6. まわりの環境
    14-1. 交通量(1. 多い、2. 少ない)
    14-2. 街灯の有無 (1. ある 2. ない)
    14-3. 道幅 (1. せまい、2. ひろい)
◎以下の質問にも自由にお答えください。
  1. 小さい頃野山へよくいきましたか(1. はい、2. いいえ、3. ときどき)
  2. このごろ野山へよくいきますか(1. はい、2. いいえ、3. ときどき)
  3. 一般に昆虫ときいて何を思いますか(1. かわいい、2. きれい、3. 恐い、4. 気持ち悪い、5. その他
  4. どんな昆虫が好きですか(                  )
  5. それはなぜですか(                     )
  6. どんな昆虫が嫌いですか(                  )
  7. それはなぜですか(                     )
  8. 昆虫が嫌いな人は、昆虫の声も嫌いですか(1. 好き 2. 嫌い )