イベント カレンダー

【イベントの申込方法】  
しがネット受付サービス の申し込みフォームから、必要事項をお送りください。しがネット受付サービスを利用できない方は、往復はがきに、 1) 参加を希望する行事名、2) 参加者全員の氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号、3)一言メッセージ)をご記入の上、下記までお申込みください。 ※応募者多数の場合は、抽選となります。

しがネット受付サービス:滋賀県が提供する、インターネットを利用して簡易な申請や申込等の手続が簡単に利用できるサービスです。ID登録や電子署名は不要です。
往復はがき:〒525-0001 草津市下物町1091 琵琶湖博物館 イベント担当
お問い合わせ    (電 話)077-568-4811 

2016年度(3月)

新琵琶湖学セミナー (全3回)「しがネット受付サービス」もしくは「往復はがき」にて申込参加無料

タイトル 開催日 開催時間 開催場所 内 容 備 考
リニューアルの舞台裏 -新しい展示の試み-  第1回 1月28日(土)終了
琵琶湖の魚と魚をめぐる文化の多様性-水族展示室の舞台裏-
金尾滋史(琵琶湖博物館主任学芸員)「水族展示で『魚と人の関わり』をどう伝えるか?」
堀越昌子(京都華頂大学現代家政学部教授)「琵琶湖の魚を食べる文化の多様性」
13:30~16:00 
申込締切 各回、定員になり次第 受付終了
琵琶湖博物館
セミナー室 
2016年7月14日にC展示室・水族展示がリニューアルオープン。リニューアルに関わる博物館の研究成果を専門分野の第一線で活躍される研究者とともに、わかりやすくご紹介します。また、研究成果を伝える展示の工夫についてもお話します。   参加無料
高校生以上
定員 各回70名 
第2回 2月25日(土)終了
森と生き物と人とのさまざまな関わり-C展示室の舞台裏-
亀田佳代子(琵琶湖博物館総括学芸員)「カワウ-森と川と湖をつなぐやっかいもの-」
藤井弘章(近畿大学文芸学部准教授) 「竹生島におけるカワウと人とのかかわり」
第3回 3月25日(土)
古代湖・琵琶湖の固有種と生物多様性
マーク・J・グライガー(琵琶湖博物館上席総括学芸員)「琵琶湖の無脊椎動物を探る-その多様性と固有性」
浦部美佐子(滋賀県立大学環境科学部教授)「琵琶湖固有種に固有の寄生虫はいるのか?」
<新琵琶湖学セミナー >
【申込方法】

ディスカバリールーム 当日受付参加無料

名称 場所 日時 対象 定員 参加費 申込 内 容
転がして発見!縄文土器のデザイン ディスカバリールーム、B展示室 2017年3月30日(木)10:30~11:00
小学4年生以上 15人 無料(中学生以上は常設展示観覧券が必要) 当日受付(ディスカバリールームのカウンターにて受付、10:00~) もようを組み合わせて、滋賀の縄文土器のデザインづくりに挑戦!B展示室でお話を聞いた後、縄文時代と同じ道具を使って、縄文土器のもようを粘土につけてみよう。

研究セミナー (毎月第3金曜日)当日受付参加無料

開催場所 開催日時 発表者 備 考
博物館セミナー室 (10)1月20日(金)終了
13:15~15:15
大島由子 「バイカルアザラシの移動前後の摂餌変化について」
楊  平 「稲作社会がもつ「生活知」とつながりの現在」
中野聰志 「長石微細組織の謎」
参加無料

事前申し込み不要 *発表者、発表タイトルが変更になる場合があります。情報は随時このページで提供しますので、来館前にご確認ください。
(11)2月17日(金)終了
13:15~15:15
岡部陽造 「琵琶湖博物館を活用した学習プログラムの提案」
Grygier, M. J. 「固有種の可能性がある数多くの琵琶湖産微小動物について」
柏尾珠紀 「湖岸部集落における稲作農業の機械化と女性農業労働」
(12)3月17日(金)終了
13:15~15:15
小林偉真 「学校と博物館それぞれの特色を活かした連携のあり方」
高橋啓一 「琵琶湖博物館と私の研究」
川瀬成吾 「琵琶湖・淀川流域の魚類多様性をめぐる保全分類学的研究」

2017年度前期(2017年4月~9月)

 

名称 時期 曜日 時間帯 参加条件および申し込み方法 参加費 共催関係 場 所 内 容
「びわ博フェス2017」 7月8日・9日 土・日 9:30~17:00 どなたでも 無料 なし 館内・屋外 県民参加型交流(交流体験・食文化交流)、企業団体のCSR活動の紹介等により新しい琵琶湖博物館の魅力を発信する機会とする。

観察会・見学会

滋賀県のさまざまな地域にいって、その魅力を感じてもらうイベントです。

名称 時期 曜日 時間帯 定員 参加条件および申し込み方法 参加費 共催関係 場 所 内 容 申し込み締め切り
お祭り見学会~ヨシ松明ができるまで  4月16日 9:30~11:30 15 小学生以上 ※小学生は保護者同伴 100円(保険料含む) なし 圓山神社(近江八幡市円山町169)公共交通機関をご利用ください。 西の湖とヨシ地にかこまれた「水郷のさと」円山町を舞台に、近江八幡の春の風物詩であるヨシ松明の制作場面を見学し、ヨシと人々のかかわりについて理解を深めます。 4月6日
「くつきの森ユリノキまつり」
森の観察会
5月21日 11:00~12:00

13:30~14:30
各回20 どなたでも
(小学生4年以下は保護者同伴)

当日会場で参加受付
各回100円(保険料含む) くつきの森 森林公園「くつきの森」高島市朽木麻生 くつきの森で開催される「ユリノキまつり」の中で、森と植物を楽しむミニ観察会を行います。 当日現地で受付のため設定なし
里山探検 田んぼの生き物見つけ隊
6月17日



11:00~15:00

20
どなたでも
小学生以下は保護者同伴
100円(保険料含む) カワセミ自然の会
高島市朽木生杉
里山にとなりあった朽木の田んぼで生き物を観察します。イモリやカエル、水生昆虫を探してみよう! 6月7日

博物館で楽しもう

博物館や烏丸半島で新しくなった展示に関連した、いろいろなことを学んでもらう、大人も楽しいイベントです。

名称 時期 曜日 時間帯 定員 参加条件および申し込み方法 参加費 共催関係 場 所 内 容 申し込み締め切り
バイカルアザラシのことを知ってみよう 4月29日 13:15~13:45 30 どなたでも
小学生以下は保護者同伴
常設展示観覧券が必要(中学生以下は無料)   水族展示
古代湖の世界
どうして琵琶湖博物館にアザラシがいるの? バイカル湖の固有種であるバイカルアザラシについてわかりやすく紹介します。 当日受付
みんなで湖魚料理をつくろう!(コアユ・シジミ編) 6月11日 10:00~14:00 20名 小学生以上 ※小学生は保護者同伴 800円(材料費等)、常設展示観覧券が必要 水産課・漁青連 実習室2 旬の食材をみんなで調理しよう!水族展示で魚を観察したあと、漁師さんと一緒に調理して食べてみましょう。 6月1日
からすま半島で昆虫を観察しよう 7月1日 10:00~12:00 30 小学生以上 ※小学生は保護者同伴 100円(保険料含む)   生活実験工房、実習室2、からすま半島 からすま半島で昆虫を観察します。昆虫の調べ方についても解説します。 6月21日

講座等

名称 時期 曜日 時間帯 定員 参加条件および申し込み方法 参加費 共催関係 場 所 内 容 申し込み締め切り
はしかけ登録講座 5/14
10/15
3/18
13:30~16:30 なし 18歳以下は保護者の同意が必要
当日受付(13:15~)
ボランティア保険登録料:510円   セミナー室 はしかけ制度加入希望者対象 当日募集

体験教室

里山や田んぼでのくらしについて、実際に体験して学びましょう。

名称 時期 曜日 時間帯 定員 参加条件および申し込み方法 参加費 共催関係 場 所 内 容 申し込み締め切り 備考
里山体験教室 (全4回) 4月16日
7月16日
10月15日
1月21日
10:00~15:00 30 どなたでも
小学生以下は保護者同伴 (往復はがき・メール)[年間4回分一括申し込み]
各回100円(保険料含む) はしかけ「里山の会」 野洲市大篠原 里山の四季に触れてみませんか。里山は人とともに歩んできた人里を取り巻く風景です。里山体験教室では雑木林を中心としたフィールドで、四季折々の魅力を感じ、体験する機会を提供します。あなたの里山デビューをお持ちしています。 2017/4/2(年間4回分一括申し込み) 現地集合できる方どなたでも(公共交通手段はありません)
生活実験工房
田んぼ体験
5/14
7/23
9/10
10/8
11/26
12/23
2/11






10:00~12:00 先着順10 どなたでも
小学生以下は保護者同伴 当日受付(9:30~)
無料   生活実験工房 水稲とくらしに関する体験です。

5/14 田植え
7/23 昆虫採集
9/10 稲刈り・ハサ掛け(早稲品種)
10/8 稲刈り・ハサ掛け(晩稲品種)
11/26 収穫祭
12/23 しめ縄づくり
2/11 わら細工
当日募集 田植え、稲刈りは農作業等のできる服装で、各自、長靴、着替え軍手等をご用意ください。
屋外作業につき暑さ対策をお願いします。

わくわく探検隊当日受付参加無料

毎月第2土曜日に開催される「体験プログラム」です。子ども向けですが、どなたでも参加できます。

名称 時期 曜日 時間帯 定員 参加条件および申し込み方法 参加費 共催関係 場 所 内 容 申し込み締め切り
春の草花でしおりを作ろう! 4月8日 13:30~15:00 30 どなたでも
小学4年生以下は保護者同伴
無料 びわたん 屋外展示
実習室2
屋外展示で春の草花を採取した後、ラミネーターでオリジナルのしおりをつくります。色や形、名前などについて植物博士に教えてもらいます。 当日受付
13:00~13:30
タンポポ調査に出かけよう! 5月13日 13:30~15:00 30 どなたでも
小学4年生以下は保護者同伴
無料 びわたん 屋外展示
実習室2
タンポポ博士に教わりながら、実際に屋外展示のタンポポを調査します。その後、タンポポを使った工作をします。 当日受付
13:00~13:30
ドキ土器!おしゃれもようを楽しもう! 6月10日 13:30~15:00 30 どなたでも
小学4年生以下は保護者同伴
常設展示観覧料が必要 びわたん 実習室2
展示室
縄文時代の土器の特徴について博士からお話を聞き、おしゃれな縄文もようのプレートづくりをします。 当日受付
13:00~13:30
水草を観察しよう! 7月8日 13:30~15:00 30 どなたでも
小学4年生以下は保護者同伴
100円(保険料含む) びわたん 実習室2
烏丸半島港
烏丸半島で水草を採集・観察した後、気に入った水草の青写真を撮ります。水草博士から水草のお話も聞きます。 当日受付
13:00~13:30
葉っぱの形に注目しよう! 9月9日 13:30~15:00 30 どなたでも
小学4年生以下は保護者同伴
無料 びわたん 屋外展示
実習室2
様々な木の葉っぱについて、形や手ざわりなどの特徴について植物博士のお話を聞きます。その後、葉っぱ模様のオリジナルハンカチをつくります。 当日受付
13:00~13:30

ディスカバリールーム 当日受付参加無料

季節に合わせて、様々な子ども向けプログラムを実施しています。

名称 時期 曜日 時間帯 定員 参加条件および申し込み方法 参加費 場 所 内 容
みんなで「びわこいのぼり」を作ろう! 4月15日(土)~4月30日(日)
  9:30~16:00 なし(混雑時には人数制限があります) どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)/
当日参加
無料 ディスカバリールーム ウロコの形をした魚のぬりえに色をぬります。みんながぬったウロコ1つ1つが、大きなこいのぼりになります。
カブトを作ろう! 5月5日 10:00~14:00 先着100名(混雑時には人数制限あり) どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)/
当日参加
無料 ディスカバリールーム カブトを折ってかぶってみましょう。
短冊に願いをかこう! 6月20日(火)~7月7日(金)
  9:30~16:00 なし(混雑時には人数制限あり) どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)/
当日参加
無料 ディスカバリールーム 短冊に願いごとを書いて、ディスカバリールームの笹をかざります。
みんなで「かいこ絵日記」をつくろう! 7月11日(火)~8月31日(木)
  9:30~16:00 なし(混雑時には人数制限あり) どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)/
当日参加
無料 ディスカバリールーム かいこを観察しましょう。一人一人のスケッチが最後にはみんなの絵日記になります。

 


研究セミナー (毎月第3金曜日)当日受付参加無料

 


 

博物館の活動に参加しよう!

琵琶湖博物館は「参加型」の博物館をめざしています。利用者が自主的・主体的に博物館活動に積極的に参加し、それによって博物館も利用者も共に成長するような活動を進めるための制度を作って運用しています。

はしかけ制度
「はしかけ」制度とは、私たちの活動に理解を示し、共に琵琶湖博物館を作っていこうという意志を持った方のための登録制度です。

フィールドレポーター
滋賀県内の自然やくらしについて、身の回りで調査をして、定期的に博物館に報告をしていただくという「地域学芸員」のような制度です。