【琵琶湖博物館】これまでのイベント

講座

連携講座 「琵琶湖 自然と文化」
安土城考古博物館&琵琶湖博物館

日程:平成24(2012)年11月10日(土)、12月15日(土)、平成25(2013)年1月19日(土)、3月2日(土)、3月16日(土)

時間:13:20〜16:00 (13:00開場)

会場:琵琶湖博物館 ホール

定員:200名 参加無料・要申込

主催:滋賀県ミュージアム活性化推進委員会

魚虫遺物クニマス鉄鉱石

「琵琶湖 自然と文化」をテーマに、安土城考古博物館と琵琶湖博物館が連携して開催する連携講座では、両館の学芸員と各方面で活躍されている講師の方々をお迎えして、滋賀県の魅力を紹介します。

(1) 琵琶湖と俳諧・俳句 11月10日(土)

篠原 徹 (滋賀県立琵琶湖博物館 館長)
13:30-14:40 琵琶湖を詠む −魚と人と自然−
茨木和生 (公益社団法人俳人協会 理事)
14:50-16:00 淡水魚を詠んだ俳句

(2) 琵琶湖の自然史 12月15日(土)

林 竜馬 (滋賀県立琵琶湖博物館 学芸技師)
13:30-14:40 化石花粉が語る琵琶湖の森と人の歴史
養老孟司 (東京大学名誉教授)
14:50-16:00 昆虫とのつきあい方

(3) 琵琶湖湖底の謎を探る 1月19日(土)

大沼芳幸 (滋賀県立安土城考古博物館 副館長)
13:30-14:40 琵琶湖に沈んだ暮らしと事件
井内美郎 (早稲田大学 人間科学学術院 教授)
14:50-16:00 琵琶湖に残る環境変化の記録

(4) クニマスとビワマス 3月2日(土)

菅原和宏 (滋賀県立琵琶湖博物館 主任技師)
13:30-14:40 湖魚の食文化
中坊徹次 (京都大学総合博物館 教授)
14:50-16:00 クニマスとサクラマス種群

(5) 琵琶湖の鉄 3月16日(土)

大道和人 (滋賀県立安土城考古博物館 学芸課主任)
13:30-14:40 古代近江の製鉄遺跡
冨田克敏 ((株)九州文化財研究所 顧問)
14:50-16:00 琵琶湖周辺の金属鉱床と草津・木瓜原遺跡出土のエキゾチックな鉄鉱石

● 募集方法

お名前・電話番号・ご希望の講座番号を明記の上、電話、FAX、電子メールにてお申し込みください。定員(200人)になり次第受付を終了します。電話受付は、開館時間中(9:30〜17:00)のみとなります。予めご了承ください。

*12月15日の講座参加者を追加募集(50名)いたします。ご希望の方は上記方法にてお申し込み下さい。

● 申込・お問い合わせ

〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 滋賀県立琵琶湖博物館 連携講座 係
  TEL:077-568-4811(代) FAX:077-568-4850 E-mail: renkei@lbm.go.jp

平成24年度 文化庁文化芸術振興費補助金(ミュージアム活性化支援事業)

ページトップへ