【琵琶湖博物館】これまでのイベント

企画展示関連シンポジウム

田んぼに魚がやってきた

日時:平成24(2012)年11月03日(土・祝) 13:25〜16:45

会場:琵琶湖博物館 ホール

定員:230名 参加無料

主催:滋賀県・財団法人自治総合センター

後援:総務省・滋賀県立大学・京都大学生態学研究センター

水田で魚が繁殖することは、わずか10数年前まで、農家や研究者にさえほとんど忘れられていました。本シンポジウムでは、その時代から研究を進めてきた先駆者が基調講演を行います。続いて、魚を育む水田を研究し、そして再生してきた人たちが事例報告を行います。そして、魚から見た田園地帯と農村のこれまでとこれからを、参加者とともに語り合います。

● 内容

13:25 主催者あいさつ
  篠原徹(滋賀県立琵琶湖博物館 館長)
13:30 基調講演「魚は陸地でふえる:その再評価」
  斉藤憲治((独)水産総合研究センター 中央水産研究所)
14:00 事例報告1「どうすれば魚は田んぼで繁殖できるのか?」
  端憲二(元 (独)農業工学研究所・秋田県立大学生物資源科学部)
14:20 事例報告2:「魚はなぜ田んぼへやってくるのか」
  前畑政善(神戸学院大学人文学部)
14:40 事例報告3:「魚が繁殖した田んぼで何が起こるのか?」
  大塚泰介(滋賀県立琵琶湖博物館)
15:00 事例報告4:「豊かな水田の生態系回復を目指して」
  堀彰男(須原魚のゆりかご水田協議会(せせらぎの郷))
15:20 休憩
15:30 パネルディスカッション
  パネリスト:斉藤憲治・端憲二・前畑政善・大塚泰介・堀彰男
コーディネーター:金尾滋史(滋賀県立琵琶湖博物館)
16:40 まとめ

● 申込・お問い合わせ

◆TEL、FAX、電子メール、はがきのいずれかの方法で、氏名、連絡先を明記の上、琵琶湖博物館までお申込ください。

◆申込締切:2011年11月2日(ただし、定員になり次第、受付終了)。

〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091番地 
滋賀県立琵琶湖博物館 企画展示関連シンポジウム 「田んぼに魚がやってきた」係
TEL:077-568-4811 FAX:077-568-4850 E-mail:tanbo_symp@lbm.go.jp

このシンポジウムは全国モーターボート競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施するものです。

ページトップへ