琵琶湖博物館 WEB図鑑「珪藻」

Navicula lanceolata (C.Agardh) Ehrenb.

       10μm
A: 高時川(滋賀県)

学名
Navicula lanceolata (C.Agardh) Ehrenb., Infusionsthierchen 185. 1838.
基礎異名
Frustulia lanceolata C.Agardh, Regensburg Flora 2: 626. 1827.
その他異名
Navicula (viridula var. ?) avenacea Bréb. ex Grunow in Schneider 1878, Navicula viridula var. avenacea (Bréb. ex Grunow) Van Heurck 1885.
和名
 
類似種との区別点
かつて Navicula viridula と誤同定されていただけでなく,Navicula pseudolanceolata が本種として同定されることが多かった。
報告があった場所
汎世界種 (Lange-Bertalot, 2001)。日本からの報告も多い。
生態情報
粘質の鞘に入っていることがある;富栄養化のよい指標;湧泉から汽水まで;貧〜中腐水性;低温性 (Lange-Bertalot, 2001)。

走査電子顕微鏡図版

WEB図鑑「珪藻」トップページへ