琵琶湖博物館 WEB図鑑「珪藻」

Gomphonema acuminatum Ehrenb.

        10μm
A: 琵琶湖・川道人造内湖(滋賀県)

学名
Gomphonema acuminatum Ehrenb., Abh. Königl. Akad. Wiss. Berlin 1831: 88. 1832.
基礎異名
 
その他異名
 
和名
 
類似種との区別点
Gomphonema coronatum は,条線を構成する胞紋が本種よりも粗い。
報告があった場所
汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1986)。日本からの報告も多い。
生態情報
幅広い環境に出現するが,特に中栄養・中性〜弱アルカリ性の水域に多い (Reichardt, 1999)。好アルカリ性 (渡辺ら, 2005)。

WEB図鑑「珪藻」トップページへ