琵琶湖博物館 WEB図鑑「珪藻」

Cymbopleura naviculiformis (Auerswald) Krammer

        10μm
A: 斐伊川(島根県)
        10μm
B: 野洲川支流杣川(滋賀県)

学名
Cymbopleura naviculiformis (Auerswald) Krammer, Diatoms Europe 4: 56. 2003.
基礎異名
Cymbella naviculiformis Auersw. in Rabenh., Algen Eur., No. 1065. 1861.
その他異名
Cymbella cuspidata var. naviculiformis Auerswald in Rabenhorst 1864.
和名
 
類似種との区別点
 
報告があった場所
おそらく両半球の温帯から亜寒帯にかけて広く分布し,熱帯の山間部にも分布する (Krammer, 2003)。日本からの報告は多い。
生態情報
貧〜中栄養で,電解質量が少ないあるいは中程度の水域に分布する (Krammer, 2003)。湖沼にも河川にも出現する (小林, 1995)。フェノール排水汚染の指標種とされている (Palmer, 1977)。

WEB図鑑「珪藻」トップページへ