資料活用【歴史資料貸出履歴】

歴史資料貸出履歴

長浜城歴史博物館 「滋賀県新指定文化財展」

東寺文書(滋賀県所有本)

期間:平成19(2007)年7月20日(金)〜8月6日(月)

貸出先館名:長浜城歴史博物館

出品資料:東寺文書(滋賀県所有本) 176点

出品資料概説:

京都市の東寺(教王護国寺)は、多くの古文書を今に伝えています。これらの古文書は東寺文書と呼ばれ、かつての政治や文化・社会などの歴史を知る上で、大変貴重な史料群として知られています。
当館が所蔵する東寺文書は、御上神社社家の大谷家に伝来した一群で、早くに東寺から流出したものと考えられます。平安時代から江戸時代までの文書を有するこれらの一群には、修復や装丁がほとんどなされておらず、文書が作成された当時の風合いが残されている点でも大変貴重なものです。

  • ★2007年6月1日に当館所蔵の東寺文書(滋賀県所有本)176点が滋賀県の県指定有形文化財になりました!
  • この指定を受け、東寺文書(滋賀県所有本)が「滋賀県新指定文化財展」にて巡回展示されました。
  • 長浜市長浜城歴史博物館  「滋賀県新指定文化財展」2007(平成19)年7月20日(金)〜8月6日(月)
  • 琵琶湖文化館  「滋賀県新指定文化財展」2007年7月3日(火)〜7月16日(月・祝)