活動紹介

琵琶湖博物館について

琵琶湖博物館協議会

琵琶湖博物館では、博物館法の規定に基づく「博物館協議会」を設置しています。 協議会では、研究、展示、交流など博物館の諸活動に関する運営状況や将来像について、委員の方々からご意見やご提言をいただいています。委員の任期は2年間で、会議は年2回程度開催しています。委員の定数は15名で、そのうち2名は一般から公募しています。平成15年(2003年)以降の会議の概要については、県庁が公開している審議会情報のページで御覧になることができます。

平成27年度 第2回 開催案内(終了)

平成28年3月10日(木)14:00~16:30 セミナー室

平成27年度 第1回 開催案内(終了)

平成27年11月10日(火)14:00~16:30 セミナー室

平成26年度 第2回 開催案内 (終了)

平成27年3月10日(火) 13:30~16:30 セミナー室

平成26年度 第1回 開催案内 (終了)

平成26年12月17日(水) 15:00~17:00 セミナー室

以前の開催案内と会議概要
(滋賀県審議会 > 滋賀県立琵琶湖博物館協議会ページへ)

○滋賀県立琵琶湖博物館の設置および管理に関する条例(抜粋)

(博物館協議会)

第6条 博物館法第20条第1項の規定に基づき、博物館に滋賀県立琵琶湖博物館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

第7条 協議会は、委員15人以内で組織する。
2 委員は、次に掲げる者のうちから任命する。
 (1) 学校教育の関係者
 (2) 社会教育の関係者
 (3) 家庭教育の向上に資する活動を行う者
 (4) 環境の保全に資する活動を行う者
 (5) 文化財の保護に資する活動を行う者
 (6) 学識経験のある者
 (7) その他教育委員会が適当と認める者
3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
4 委員は、再任されることができる。

第8条 協議会に会長および副会長を置き、委員の互選によって定める。
2 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。
3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、または会長が欠けたときは、その職務を代理する。

第9条 協議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集する。
2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。
3 会長は、会議の議長となる。
4 会議の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

○博物館法(抜粋)

(博物館協議会)
第20条 公立博物館に、博物館協議会を置くことができる。
2 博物館協議会は、博物館の運営に関し館長の諮問に応ずるとともに、館長に対して意見を述べる機関とする。

第21条 博物館協議会の委員は、当該博物館を設置する地方公共団体の教育委員会が任命する。

第22条 博物館協議会の設置、その委員の任命の基準、定数及び任期その他博物館協議会に関し必要な事項は、当該博物館を設置する地方公共団体の条例で定めなければならない。この場合において、委員の任命の基準については、文部科学省令で定める基準を参酌するものとする